このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

特集展示「隅田川七福神と向島の名所」を開催しています

更新日:2018年12月8日

すみだ郷土文化資料館では、特集展示「隅田川七福神と向島の名所」を開催しています。
展示見学の方には展示リーフレット(カレンダー付)をプレゼントしていますので、ぜひ、ご来館ください(なくなり次第、配布は終了します)。

展示概要

 江戸時代の向島は広大な田畑が広がる田園地帯でした。隅田川の清流沿いには由緒のある寺社が建ち並び、たくさんの人々が参拝しました。文人達も多くこの地を訪れ、俳句や詩歌などの作品を残しています。
 百花園園主佐原菊塢(きくう)は、大田南畝(なんぽ)、加藤千蔭(ちかげ)、酒井抱一(ほういつ)など親交のある文人達と、向島地域で七福神の神々にゆかりのある神社仏閣を選び出し、それらに百花園を加えて隅田川七福神を創始したと伝えられています。七福神を巡りながら風情ある向島を散策できる隅田川七福神巡りは文人達に楽しまれ、明治31年頃結成された隅田川七福神会により、次第に庶民にも広まっていき、現在では新春を祝う初詣の風習として大勢の参詣客でにぎわっています。
 本展示では、正月の風物詩となった隅田川七福神巡りの歴史を紐解きつつ、江戸の人々に愛された向島の風景を浮世絵などから紹介します。

開催期間等

開催期間

平成30年12月8日(土曜日)から平成31年2月11日(月曜日)まで

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(ただし、12月24日、1月14日、2月11日の祝日は開館し、翌日の12月25日、1月15日が休館)、第4火曜日、12月29日から1月2日まで

入館料

個人100円、団体(20人以上)80円、中学生以下と身体障害者手帳、療育手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料

会場・問い合わせ先

すみだ郷土文化資料館(向島二丁目3番5号) 電話:03-5619-7034

お問い合わせ

このページはすみだ郷土文化資料館が担当しています。

本文ここまで