このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

すみだの名所 隅田川七福神

更新日:2007年2月20日

開催期間:平成10年12月19日(土曜日)から平成11年1月17日(日曜日)まで
 隅田川七福神は、江戸時代後期、谷中七福神に次ぐものとして始められました。
 創始者は、向島百花園園主の佐原鞠塢をはじめに、鞠塢と親交のあった江戸時代を代表する文人墨客たちです。その人気は、風情ある向島への散策とあわせて江戸っ子たちの間に広まり、新春を祝う初詣として多くの参拝者で賑わい、今日までその風習は続いています。
 この企画展では、隅田川七福神めぐりをテーマに、七福神をまつる各所の錦絵や資料をご紹介しました。

主な展示品

・お多福、七福神:足立区立郷土博物館蔵
・福寿延命金のなる木:江戸東京博物館蔵
・隅田川七福神:すみだ郷土文化資料館蔵
・隅田川七福神:すみだ郷土文化資料館蔵
・倭風俗墨堤の花:すみだ郷土文化資料館蔵
・江戸名勝図絵 白鬚神社:すみだ郷土文化資料館蔵
ほか

お問い合わせ

このページはすみだ郷土文化資料館が担当しています。

本文ここまで