このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

23区初!区内中小企業の新分野への参入促進支援をスタート

更新日:2016年6月20日

〜月1回程度の商談の場を設け、販路獲得をめざす〜

墨田区は、今年度から、区内中小企業の新分野への参入促進を支援する事業を開始した。これは、新分野への参入に意欲がある区内中小企業を対象に実施するもの。区が委託しているコンサルティング兼営業代行をしている業者が各社の営業計画作成や、ニーズ調査、販路開拓活動などを約9か月間にわたって支援。この点が23区で初めての取組。応募があった区内中小企業のうち、選考により決定した7社が今年度の対象企業で、プラスチック製品製造業や精密金属部品加工業など “ものづくり企業”。6月から各企業への専門家の訪問が始まり、各企業の今後の方針を決めるために、企業の強みや参入を希望する新分野などをヒアリングしている。
6月13日(月)午後1時、対象企業の一つであるプラスチックシートの真空成型加工・設計を行っている株式会社吾嬬製作所(立花四丁目5番7号 松村 昌幸・代表取締役)が、同社で専門家との面談を行った。専門家は、現状の取引実績や競合他社の存在などをヒアリング。どのような新分野が同社にとって適しているかを模索しながら、社長から話を聞いていた。同社の松村社長は「この事業を通じて、自社の経営課題の解決に役立てていきたい。」と意気込みを話していた。
今後ヒアリング結果を基に、各企業の新分野参入の戦略を検討。7月から、参入を希望するメーカー等と月1回程度商談し、新分野参入をめざす。並行して、申込企業を対象に、営業する際の注意点や商談のコツなどに関するセミナーも年6回開催。最初のセミナーは、6月21日(火)に「新規開拓営業の全体像」と題して実施する。なお、各企業の支援の進捗状況は随時、区公式ホームページで公開する予定。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで