このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「区民の健康寿命UP大作戦!」本日からスタート

更新日:2016年6月20日

〜野菜を食べて、運動して、健康寿命を延ばしましょう!〜

6月17日(金)、すみだリバーサイドホール(吾妻橋一丁目23番20号・区役所に併設)2階イベントホールで、「区民の健康寿命UP大作戦!」のキックオフイベントが行われ、本事業がスタートした。これは、区民の“健康で不自由なく暮らせる期間(健康寿命)”を伸ばすために実施するもので、健康を維持する上で基本となる「健康的な食生活の習得」と「身体活動・運動の向上」について重点的に取組む。
午後2時、会場には東京都から「オリンピックパラリンピック教育重点校」に選ばれた言問小学校・小梅小学校・業平小学校の児童及び「子どもの体力向上推進優秀校」に選ばれた両国中学校の生徒をはじめ、区民や関係団体の方など約600人の参加者が集まり、キックオフイベントがスタート。初めに、山本亨・墨田区長によるキックオフ宣言。山本区長は「健康寿命UP大作戦では、区民の皆さん、関係企業・団体の皆さんなど、幅広い方々と一緒に話し合いながら、楽しく・おいしく・すみだらしい粋な取組を提案、実践してまいります。」と話した。その後、山本区長と多くのアスリートを育てきた小出義雄氏(佐倉アスリート倶楽部代表)による対談。小出さんは今までの経験談を中心に話しており、「選手にはバランス良く食事をさせている。なんでも食べることが大切だ」と強調していた。その後、本事業の説明やすみだ花体操を紹介し、午後3時30分終了。
今後、「健康的な食習慣の習得」として、区立保育園・小中学校での残菜及び成人の栄養摂取量を調査(平成28年秋頃)。併せて、野菜摂取量を増やすための取組として、栄養士や給食を提供している施設の職員などで構成するプロジェクトチームを立ち上げ、野菜をおいしく食べるレシピなどを検討する(年3回)。一方、「身体活動・運動の向上」として、区民が楽しく歩く仕組みなどを検討するプロジェクトチームを設置(7月頃)。さらに、消費カロリーや歩数のほか、区内の見どころなども掲載し、思わず歩いて見たくなる「ウォーキングマップ」を作成予定(12月頃完成予定)。事業者、学校、団体など地域全体でマップ製作に取り掛かる。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで