このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

就職前女性向け能力開発講座で大学生が区内企業を訪問!

更新日:2016年8月15日

〜23区初!就職前の女性対象に男女共同参画の視点でインターンシップ実施〜

23区で初めて行う「就職前女性向け能力開発講座」の一環として、8月8日(月)、大学生5名が久米繊維工業株式会社(太平三丁目9番6号 代表取締役社長・久米 博康 氏)を訪問した。本講座は、就職前の大学生が、すみだ女性センター(押上二丁目12番7-111号)のインターシップ生として男女共同参画推進講座を企画・運営し、将来の職業生活で能力を発揮できるように行うもの。大学や専門学校のインターシップでは難しい、企画立案、広報戦略、集団をまとめる方法などを実践的に学ぶことで、就職活動における強みや就職後の自信につなげ、さらに自分自身の能力を発揮してチャレンジする力を身に付ける。5月〜6月に本講座の申込みを受付け、今年度は13名の大学生が受講することとなった。7月31日(日)に開講式を実施。
午後1時、墨田区の産業について理解を深め、男女共同参画の視点でキャリアアップを図るために、大学生5名が東京商工会議所墨田支部(江東橋三丁目9番10号すみだ産業会館9階 会長・阿部 貴明 氏)を訪問し、墨田区や区内中小企業の魅力について学んだ。続いて、区内でTシャツの製造販売などを行っている久米繊維工業株式会社の代表取締役会長・久米 信行 氏に人形焼 山田家(江東橋三丁目8番11号)や下町バームクーヘン 乳糖製菓(太平三丁目3番11号)など、街の良さを紹介してもらった後、同社を訪れた。はじめに、久米会長から自社の紹介や仕事への取組姿勢などを講義。久米会長は「これから仕事を行う上で、すぐやる×やり抜く社会人基礎力が重要です。」などと話し、大学生はメモを取りながら熱心に聞いていた。最後に、事前に大学生が同社のことを調べ、疑問に思ったことを質問。「これまでの女性社員雇用数や雇用形態等はどのように変化しているのでしょうか。」などの問いに対し、久米会長は一つ一つ丁寧に答えていた。午後4時半終了。
今後、大学生6名が、8月17日(水)に小菅株式会社(東向島2丁目33番2号 代表取締役社長・小菅 清行 氏)を訪れ、区内企業について学ぶ。さらに、8月22日(月)にすみだ女性センター運営委員等、区内にお住まいの方々と異世代交流を図るほか、すみだ女性センターのイベントの運営補助などを行い、10月頃に男女共同参画推進講座を学生たち自らが企画・実施する予定。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで