このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

3M運動スペシャルウィーク「すみだものづくり探訪」がスタート!

更新日:2016年10月17日

〜すみだのものづくりを見て・体験して・買って〜

14日から、墨田区のものづくりをPRするイベント、3M運動スペシャルウィーク「すみだものづくり探訪」がスタートした。これは、区が実施している3M運動の参加事業者が、様々な催しを通じて、多くの方に職人の技が息づく“ものづくりのまちすみだ”の魅力を伝えようと開催するもの。毎年この時期に開催しており、今年で7回目を迎えた。
期間中は、「産業観光プラザ すみだ まち処」(押上一丁目1番2号・東京スカイツリータウン・ソラマチ5階)で、すみだマイスターを始めとする区内の職人の技を間近で見ることができる実演・販売やワークショップ、物品販売など1度に3M運動の魅力を味わえるイベントを開催。革工芸職人・山中 政江 氏(14日・15日)や、江戸文字描き職人・大石 智博 氏(16日・17日)、錺(かざり)金具職人・塩澤 政子 氏(18日・19日)の職人ワザを日替わりで見ることができる。また今年は、小さな博物館と工房ショップを巡るバスツアーを初開催(15日)。片岡屏風店(向島1丁目31-6 代表:片岡 恭一 氏)や向島めうがや(向島五丁目27-16 代表:石井 芳和 氏)などを巡る“すみだ北コース”(午前9時30分から12時30分)とブレーキ博物館(江東橋一丁目5-5 館長:杉本 博 氏)やアトリエアミーチ(石原四丁目21-4 代表:片野 一徳 氏)などを巡る“すみだ南コース”(午後1時30分から午後5時30分)の2コースを準備し、すみだの魅力を一挙に体感できる。
その他、区内の小さな博物館や工房ショップでは、職人によるものづくり体験のほか、期間限定販売の品物や普段は非公開の品の展示など、スペシャルウィークの名に相応しい特別な企画が目白押しとなっている。19日(水)まで開催。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで