このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「とき時あーと展」開催!

更新日:2016年10月24日

〜すみだの職人は北斎のDNAを継承しています〜

10月21日(金)から、「産業観光プラザ すみだ まち処」(押上一丁目1番2号・東京スカイツリータウン・ソラマチ5階)で、墨田区を拠点に活動している12名の職人で構成する「すみだ作(さく)る創(そう)るの会 パルティーレ」主催の展示会「とき時あーと展」がスタートした。
これは、墨田区の地場産業から生まれた伝統工芸品や製品を展示即売することによって、「すみだのものづくり」の高い技術を広くPRすることを目的に、平成14年度から開催されているもので、今年で15回目を迎えた。
今回のテーマは、11月22日にオープンする“すみだ 北斎美術館”にちなんで「北斎」。会場には、冨嶽三十六景「凱風快晴」の赤富士をバネで表現した作品や、北斎漫画をコラージュした木工テーブルなど、柔軟な発想と高い技術力に裏打ちされた個性的な製品を展示。また、北斎漫画の代表作「雀おどり」が描かれたお手ふき(価格(税込):1,620円)や「神奈川沖浪裏」がデザインされたハガキ・ポストカード入れ(価格(税込):12,960円)など、職人の手によって作られた作品も販売している。
さらに、職人の紹介パネルのほか、錺金具を使った指輪作り(期間中随時 予約不要 材料費3,000円)やハンカチで友禅体験(23日午前11時〜午後5時 予約不要 材料費1,000円)ができるブースも設置するなど、職人を身近に感じられる。本展は26日(水)まで開催。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで