このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

鹿沼市の「広報かぬま」12月号で墨田区をPR!

更新日:2016年12月12日

〜23区初!友好都市との広報紙紙面交換〜

墨田区と友好都市協定を締結している鹿沼市の「広報かぬま」12月号において、本区の魅力を紹介する特集号が発行された。これは、シティプロモーションの一環として、広報紙を活用して区外における区のイメージ向上を図るとともに、区民に区の友好都市について知ってもらうことを目的として実施しているもの。友好都市と広報紙紙面交換を行い、互いの自治体をPRするのは、23区初の取組。
「広報かぬま」12月号では、表紙から5ページ目までを使って墨田区を紹介している。表紙は11月22日にオープンしたすみだ北斎美術館と冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」。2〜3ページ目では、葛飾北斎との墨田区の関わりや、すみだ北斎美術館の展示品などについて掲載している。4〜5ページ目では、「伝統とモダンが調和するまちすみだ」と題して、墨田区のおすすめまち歩きコースを紹介。ものづくり体験ができる“すみだ江戸切子館”(太平二丁目10番9号)や、忠臣蔵の舞台となった“吉良上野介屋敷跡”(両国三丁目13番9号)などを掲載。墨田区を訪れたことがない方も好奇心を持つような紙面づくりを行っている。一方、墨田区報では9月11日号で鹿沼市を紹介。表紙と4・5面を使って、10月8日・9日に行われた「鹿沼秋まつり」や鹿沼のおすすめスポットなど、鹿沼市の魅力をわかりやすく掲載している。
広報紙紙面交換について区の担当者は「区民の皆さんに友好都市について知ってもらうとともに、区外での区のイメージを向上させるきっかけにしたい。」と話している。
今後、鹿沼市のほか、友好都市である小布施町とも広報紙紙面交換を行う。平成29年2月11日号墨田区報で小布施町について、平成29年2月号小布施町報で墨田区についてPRする予定。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで