このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度「中学生区議会」を開会!

更新日:2016年12月19日

〜中学生が区議会を体験!区長に区政について質問〜

12月14日(水曜日)、墨田区議会本会議場 (吾妻橋一丁目23番20号)で、「中学生区議会」を開会した。この「中学生区議会」は、未来の墨田区を担う子どもたちに、区議会の模擬体験を通して、郷土に対する愛着、関心を深めてもらうとともに、区として中学生の提案・意見などを区政運営の参考とすることを目的に、平成6年から開催されているもの。今年で23回目を迎えた。「中学生区議会」には、昨年度まで各校2名ずつだった中学生議員が、今年度から4名ずつ計40名参加。生徒が「子育て・高齢者」、「産業・観光」、「まちづくり・防災」の3つのテーマについて、中学生ならではの豊かな感性で捉えた疑問や課題を質問し、山本 亨・墨田区長がこれに答えた。
午後2時、「中学生議員」たちは緊張した面持ちで議場の自席に着席。区側からは、山本亨・墨田区長をはじめ、副区長、教育長のほか、部長級職員が出席。区議会からも、坂下 修・区議会議長やじんの 博義・副議長のほか議会運営委員会の委員9人が列席した。準備が整うと、「中学生区議会」の議長を務める藤野 陽平(ふじの ようへい・吾嬬立花中学校2年)議員が「平成28年度、中学生区議会を開会します。」と開会を宣言し、「中学生議員」3名による代表質問が行われた。
代表質問する「中学生議員」は、先ほどまでの緊張した面持ちから一変し、代表者として堂々と質問を行った。初めに「子育て・高齢者」について、長塚 真由(ながつか まゆ・錦糸中学校2年)議員が、次に「産業・観光」について、野津 亜純(のつ あずみ・桜堤中学校2年)議員が、最後に「まちづくり・防災」について菅野 愛理(すがの えり・墨田中学校2年)議員が質問。その中で長塚議員は、「私たち中学生も、いずれ子育てについては自分たちの課題となります。他人事ではなく、自分たちにとっても問題なのだという発想が必要だと思います。」と中学生の視点から考えられた質問を述べた。
これに対し、山本区長は「他人事ではなく、将来を見据えたうえでの課題認識や解決に向けた提案は貴重であり、今後も区政に関心を寄せていただきたい」と答えた。山本区長はそれぞれの質問に対して答弁を行い、「中学生議員」たちはメモを取り、真剣な表情で耳を傾けていた。
本会議の後には、3つのテーマごとに分かれた委員会を開会。区の部長級職員に対して、中学生議員全員がそれぞれの疑問や提案などを発言。「高齢者の孤独死について」や「企業と小中学生の関わりについて」、「学校跡地の活用方法について」など、自分たちの住んでいる街をより良くしたい思いで多くの質問を続けた。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで