このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

向島百花園に「ジャンボ七草籠」がお目見え!

更新日:2017年1月4日

〜新春の縁起物が今年も登場〜

現在、春の七草籠の発祥の地といわれている都立向島百花園(東向島三丁目18番3号)で、同園職員手づくりの新春の飾り物「ジャンボ七草籠」がお目見えし、訪れる人たちの目を楽しませている。
この「ジャンボ七草籠」は、同園職員4人が1日がかりで作成したもので、同園中央にある特設スペースに展示している。使われている籠の大きさは、直径約50cm、高さ約20cmで、籠の中には、春の七草が寄せ植えされており、土の上に白い寒水石(かんすいせき)が敷詰められている。現在、みずみずしい春の七草の若菜が伸びており、同園でとれた菘(すずな)や蘿蔔(すずしろ)の白い根の部分が顔をのぞかせている。1月7日(土)まで同園に展示。1月4日(水)からは、宮中に献上する「献上七草籠」の見本もお目見えする。
なお、1月5日(木)から8日(日)まで、園内にある「茶亭さはら」で七草粥を食べることができる(有料:700円)。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで