このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「咳の爺婆尊(せきのじじばばそん)」で風邪予防!

更新日:2017年1月16日

〜風邪に負けずに、頑張れ受験生!〜

墨田区内の弘福寺(こうふくじ、向島五丁目3番2号、奥田 雅博 おくだ がはく・住職)には、境内にある石像「咳の爺婆尊」へ“風邪除け”の祈願にくる参拝客が増えている。この石像は、制作者である風外(ふうがい)和尚の名にちなみ、「風邪に効き目がある」と古くから庶民の信仰を集めてきたもの。
「咳の爺婆尊」は、高さ約55cm×幅約45cmの「爺像」と高さ約75cm×幅約60cmの「婆像」の2体が寄り添うようにして小さな“ほこら”の中に奉られている。「「爺像」は口の中の病気に、「婆像」は咳に効くと一応区別されているが、二体一緒になっているので、まとめてお参りすれば、より一層霊験あらたかといわれている。また、全快した折には、お礼として“煎り豆”と“番茶”を供える風習があり、石像の前には、それらがお供えされている。
弘福寺によると「昔から冬になると多くの人が参拝に訪れており、1月から2月頃にかけて風邪が流行するこの時期には、入試を間近に控えた受験生や高齢者などが訪れて、熱心に手を合わせる姿が見られる」という。
同寺では、咳によく効くという『せき止め飴』と『風邪除けのお守り』(各300円)も販売されており、参拝の際に購入する方も多い。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで