このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

区立公園内の「カワヅザクラ」が咲き始め!

更新日:2017年2月20日

〜春の訪れを告げる早咲きの桜〜

現在、区立旧中川水辺公園(東墨田1・3丁目、立花3・5・6丁目)と区立錦糸公園(錦糸4−15−1)、区立おしなり公園(押上1、業平1・2・3丁目)にある早咲きの桜「カワヅザクラ」が咲き始めており、訪れる人たちの目を楽しませている。
 区立旧中川水辺公園には、区と近隣の町会・自治会で組織された「中川桜愛護会」が協力して植樹した62本の「カワヅザクラ」が植えられており、東墨田3丁目から立花6丁目付近にかけての旧中川の河川敷では、見事な桜並木を楽しむことができる。
また、区立錦糸公園のJR錦糸町駅北口に近い出入口付近には、一本の「カワヅザクラ」が植えられており、多くの人が足を止め、濃いピンク色をした早咲きの桜を楽しんでいる。
さらに、東京スカイツリーの足元の区立おしなり公園でも東武橋のたもとの2本のカワヅザクラがきれいな花を咲かせている。ピンクの花越しに、青空に浮かぶスカイツリーをカメラにおさめようと、多くの観光客で賑わっていた。
この3か所の早咲きの桜スポットでは、時折、メジロがやってきて、桜の花の蜜をついばむなんとも愛らしい光景も見受けられる。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで