このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

キラキラ橘商店街で『七夕まつりコンテスト』を開催!

更新日:2017年7月11日

〜すべて手作りで頑張りました!力作ぞろいの七夕飾りを楽しんで〜

毎日夕方ともなると多くの買い物客で賑う向島橘銀座商店街(通称「キラキラ橘商店街」)で、7月7日(金)午後2時から商店街の方々が作った「七夕飾り」を審査・発表する『七夕まつりコンテスト』が開かれた。これは、商店街の振興と地域の人とのふれあいを大切にしようと、同商店街協同組合が昭和63年から毎年開催している「七夕まつり」の目玉イベント。今年で30回目を迎えた。
本イベントで商店街を彩る七夕飾りは、同商店街に軒を連ねる約85の店舗のうち、近隣の3・4店舗ごとに1つのグループをつくり製作。どのグループも昼から夕方にかけてはお店が忙しいため、開店前や閉店後などの空いた時間を利用して少しずつ作り上げた。製作期間は1週間から長いグループでは2・3カ月近くにも及んだ。このようにして完成した「七夕飾り」が高さ約7メートルの大きな笹に取り付けられると、全長480メートルある商店街は色鮮やかに彩られ、七夕ムード一色に包まれた。
今年のコンテストには、27点の七夕飾りがエントリーされ、「手作り性」、「アイデア性」、「協調性」の3点の観点で厳正に審査が行われた。七夕の飾りは、“ディズニー”や“スーパーマリオ”等の人気キャラクターのイラストや人形のほか、29連勝の快挙を成し遂げた将棋の藤井聡太四段のイラストなど、いずれの作品も力作ぞろいのため、審査員たちは点数を付けるのに苦慮している様子だった。午後3時、審査終了。集計の結果、今年の大賞となる「墨田区長賞」は、ディズニー映画を忠実かつ立体的に作り上げた「ファインディングドリー」。作品を製作した方は、「子どもたちの喜ぶ姿を思って製作しました。来年以降もにぎやかに七夕まつりコンテストを開催してほしい。」と七夕まつりコンテストへの思いを話した。七夕まつりは7月10日(月)まで開催する。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで