このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

高校生が小学生にスマートフォン等の適切な使い方を教える「スマホミーティング」を実施

更新日:2017年7月18日

〜今日は高校生が先生!高校生の説明はわかりやすかったです〜

7月12日(水)、区立第二寺島小学校4年生・5年生の総合的な学習の時間の授業で、東京都が指定している情報モラル推進校の都立墨田川高等学校の生徒がスマートフォン等の適切な使い方を教える「スマホミーティング」を実施した。
これは、スマートフォンやSNS等の普及を受け、高校生が小学生にスマートフォンの使い方などを教えることを通じて、双方の情報モラルを高めていくことを目的としているもので、同高等学校が企画して実現。授業の内容や方法などは高校生が考えたもので、今日の授業を迎えるに当たって、準備を積み重ねてきた。本授業では、東京都が製作した補助教材「SNS東京ノート」を活用した。
午後1時35分、「スマホミーティング」がスタート。同小学校4年2組では、児童40名に対して、都立墨田川高等学校1年生の生徒26名が講師として授業を実施。スマートフォンやSNSの注意点など、小学生5〜6人の7つのグループに高校生3〜4人が各グループに入ってディスカッションを行いながら情報モラルを高めた。「友達に電子メールを送るときのマナー」など身近な具体例を挙げて授業を行っており、グループ内では高校生が助言をしながら、小学生のディスカッションを手助けした。小学生は「スマホやインターネットでやってはいけないことがよくわかった」「高校生の説明がわかりやすくて楽しかった。」など感想を話していた。
授業を行った高校生は「小学生の反応が思ったより良くてよかった。メールを送信するときは相手の気持ちに十分に配慮しなければならないことを改めて実感した。」と話していた。
なお、スマホミーティングは、区立第一寺島小学校、区立第三寺島小学校でも同日に実施した。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで