このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「ハンギングバスケットづくり講習会」を開催!

更新日:2017年12月11日

〜クリスマスにピッタリ!冬を彩る、手作りのハンギングバスケット〜

12月8日(金)、すみだリバーサイドホール1階ギャラリー(墨田区吾妻橋一丁目23番20号・墨田区役所併設)で、多くの人に花や緑とふれ合う楽しさを知ってもらおうとハンギングバスケットづくり講習会を開催した。これは、緑化意識の啓発ならびに地域美化の意識を定着させることを目的とし、区内の緑化や花の育て方などの講習を行い、区民の安らぎや潤いの場づくりを支援しているもの。先着順で参加者を募集したところ、申込み開始日に定員となるほどの人気の講習会で、講師は、社団法人日本家庭園芸普及協会認定グリーンアドバイザーの笠原敦子氏。
午前10時、これから迎える冬を美しい花で彩ろうと、23名の参加者と「墨田区ハンギングバスケット愛好会」より3名が講師のサポート役として参加し、すみだリバーサイドホール1階ギャラリーに集合。講師から作成の手順やポイントなどの説明を受け、ガーデンシクラメンや紫と黄色の花びらが印象的なパンジーなどを用い、約1時間をかけ、ひと足早いハンギングバスケットを作成した。集まった参加者は、手袋やエプロンを着け3〜4人の6グループに分かれた。笠原氏が「ハンギングバスケットに向く植物は、成長がゆっくりのものやつる植物などです。作る時のポイントは、植物を隙間なく植えつけることです。植物は上に伸びることを意識した角度でやや下向きに植えつけてみてください」といったコツを説明し、ハンギングバスケット作りを実演。熱心にメモを取る参加者や実演を見るため身を乗り出す参加者など、みな綺麗なハンギングバスケットを作ろうと説明を聞いていた。参加した女性は「花を植える順番やバランスが難しかったが、とてもきれいにできたので嬉しいですね。早速家に飾って一足早くクリスマス気分を味わいたいと思います」と満面の笑みで話していた。午前11時30分終了。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで