このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区と埼玉県飯能市が「災害時における相互援助に関する協定」を締結

更新日:2017年12月27日

〜埼玉県内の自治体としては初!円滑な復旧に向けた支援を行います〜

12月22日(金)、墨田区は、大規模災害の発生に備え、埼玉県内の自治体として初めて、飯能市と「災害時における相互援助に関する協定」を締結した。午前10時50分から、墨田区役所(吾妻橋1−23−20)で、締結式が行われ、山本 亨・墨田区長と大久保 勝・飯能市長との間で協定を取り交わした。埼玉県の自治体と大規模災害に関する協定を締結するのは初めて。
この協定により、いずれかの自治体が被災した場合、速やかに相手方へ応急物資、資器材や避難場所の提供、職員の派遣等、円滑な復旧に向けた支援を行う。木造密集地域が多く残り、首都直下地震が発生した場合、大きな被害が出ると想定されている墨田区では、同時被災の可能性の低い遠隔地自治体との協定による災害時の避難体制強化を進めている。そのため今回、硬質な地盤により地震に対するリスクが低い土地に位置し、首都圏中央連絡自動車道からのアクセスがよく、物資等を円滑に運ぶことができる飯能市との協定締結に至った。
これまで墨田区と飯能市は、「すみだまつり」及び「飯能まつり」に相互出展し、観光PRや特産品の販売を行ったほか、住民がお互いの地を訪れ魅力を知るなどの都市間交流を行ってきた。
この日行われた協定の調印式で、山本亨・墨田区長は「都内の災害時には隣の埼玉県の飯能市の方から支援していただけるというのは大変意義のあることです。今後も定期的な情報交換を行い、実働的な相互支援を実現できるようにしていきます。」と話していた。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで