このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「第41回隅田川花火大会」でモバイル端末向けアプリを活用した新たな取組を実施!

更新日:2018年7月9日

7月28日(土)に開催予定の第41回隅田川花火大会では、円滑な大会運営と来場者の利便性及び満足度向上を図るため、今年度初めて以下の取組を実施する。
今回の取組を通じて、地域の人や訪れる人が江戸の文化や歴史を学び、感じることができるきっかけとなり、そこから東京という「まち」への愛着を感じていただけるような花火大会にする。
◆今年の隅田川花火大会はいつもと違う!? アプリを活用して大会の魅力を新たに発信昨年に引き続き、最先端の気象レーダ「フェーズドアレイレーダ」のデータを用いて、これまで察知が難しかったゲリラ豪雨発生の可能性を予測し、モバイル端末のプッシュ通知で知らせるゲリラ豪雨検知アプリ「3D 雨雲ウォッチ」を提供する株式会社エムティーアイと協力して、大会運営を行う。
今年は「3D雨雲ウォッチ」に、新たな機能を実装させることにより、当日の気象情報に加えて、大会の魅力をより大勢の人に発信していく。

<アプリを活用した新たな施策と機能について>
(1)「花火大会がより楽しくなるコラム」を随時配信!
江戸時代から続く隅田川花火の歴史、花火の見どころポイントや種類などの豆知識、浴衣を着ているときの雨対策など、「花火大会がより楽しくなるコラム」を大会当日に向けて随時配信することにより、これまでとは一味違った隅田川花火大会をお楽しみいただけます。
(2)打ち上げ開始の秒読みをアプリ上で表示!
打ち上げ会場で観覧する人や屋内でテレビ視聴する人など、場所は離れていても花火を見物している全ての人たちがつながって、みんなで声を合わせて両会場の最初の打ち上げ(19時及び19時30分)を開始いたします。また、アプリ上でも花火が打ち上がるほか、「すみはなポーズ」で一体感を創出するなど、大会の実施に花を添える演出を行います。なお、当日19時の第一会場打上開始時に、地域の象徴である「東京スカイツリー」が、心意気を示す『粋』というライティングで点灯されます。隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの光でタワーを貫く心柱を照らし出し、大地から力強く立ち上がり、隠さないで中を見せるイメージからは、気風の良さや潔さを感じることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで