このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例」などを可決

更新日:2018年10月1日

〜平成30年第3回墨田区議会定例会が閉会〜

9月7日(金)から開会されていた平成30年第3回墨田区議会定例会は、本日午後1時から本会議が開会され、区長から提出された、小規模保育事業の運営補助費及び障害者福祉情報システムの改修経費などを含む5,737万4千円を盛り込んだ一般会計補正予算案のほか、「墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例」を含む、条例5件、契約1件及びその他2件について原案どおり可決されたほか、墨田区教育委員会教育長の任命に同意するなどの人事2件について同意された。また、議員提出議案「住民票の除票及び戸籍の附票の除票の保存期間の延長に関する意見書」など3件の意見書を可決したほか、7日の本会議に上程された議員提出議案「墨田区子ども読書活動推進条例」を継続審査とすることとした。なお、区長から「平成29年度墨田区一般会計歳入歳出決算」を含む決算4件が追加で提出されたため、決算特別委員会を設置し、議会閉会中も継続して審査することとなった。
本日の本会議をもって、平成30年第3回墨田区議会定例会は22日間の会期を閉じた。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで