このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

区立ひきふね図書館で「POPコンテスト応募作品展示」を開催!

更新日:2018年11月6日

“10月27日〜11月9日は読書週間!中高生の目線で本をPR!”

11月1日(木)から、墨田区立ひきふね図書館(京島一丁目36番5号)2階プロジェクトコーナーで、中高生がお気に入りの本を紹介する「POPコンテスト応募作品展示」を開催している。これは、中高生の読書意欲を高めるとともに、本や図書館に親しみを感じてもらうために行っているもので今回で5回目の開催。中高生向けに「POPコンテスト」を実施しているのは、23区でも珍しい取組。区内在住または在学の中高生を対象に、6月下旬から9月下旬までPOPを募集。中高生がオススメする本のPOP、合計1,386点の応募があった。
会場では、壁一面に貼られたPOPの下に、紹介されている本を陳列。2013年にテレビドラマが放送された原作も大ヒットの小説「ビブリア古書堂の事件手帳」(メディアワークス文庫)や、漫画版が2018年上半期一番売れた本にも選ばれた「君たちはどう生きるか」(新潮社)、フランスの小説家ジュール・ガブリエル・ヴェルヌの代表作であるSF小説「地底旅行」(東京創元社)など、中高生の間でも知られている本のPOPが寄せられている。上手に描いたイラストとともに、「読んで良かったと思える一冊です!!」「大人も子供もぜひ読んでみてください」など、同年代をはじめ多くの方へ向けたコメントも見ることができる本展示は11月30日(金)まで開催。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで