このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

子育て世帯の定住促進に係る空き家の利活用支援事業について

更新日:2018年12月5日

〜空き家となった2階建ての長屋を子育て世帯向け住宅へ改修〜

12月から、区内の空き家を子育て世帯向け住宅へと改修する工事が始まる。これは、子育て世帯の定住促進を図ること及び空き家の住宅用途としての利活用を推進するため、区内の空き家を子育て世帯に適した仕様へと改修を行うもので、23区でも珍しい取り組み。平成30年4月から、空き家所有者の協力のもと、2階建ての長屋(2戸)を子育て世帯向け住宅(1戸)へと改修するモデル事業を実施している。空き家の改修にあたって、区では平成29年に空き家利活用に関する意向調査を実施。調査の中で「貸し出しても良い」と回答した空き家所有者が1名いたため、本事業に選定された。空き家の所有者である清水一江さん(77歳)の娘 羽生ゆかりさん(54歳)は、「7年ほど前から空き家となり、どうしようかと思っていたところ区から声がかかった。改修して子育て世帯の方が住むようになれば、地域に活気が戻るとともに、非常時の際は隣に住む高齢の母にとっても安心。」と話している。
平成31年2月頃の工事完了後に住宅の内覧会を実施し、3月頃からの入居を目指している。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで