このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

第20代「すみだ親善大使」が決定!

更新日:2019年9月10日

区の魅力をPRする“すみだの顔”、20代目が決定

9月5日(木曜日)、第20代の親善大使として選出されたばかりのフレッシュな3名が区役所を訪れた。「すみだ親善大使」は、一年を通じて区の公式行事などに参加し、区長とともに区を盛り上げていく。選考会を経て、今年の「すみだ親善大使」に選ばれたのは、冨田 由維(とみた ゆい、29歳、会社員)さん、神長倉 未稀(かなくら みき、28歳、自営業)さん、山田 夏海(やまだ なつみ、25歳、会社員)さんの3名。親善大使たちは、「国技館5000人の第九コンサート」や「香梅園 梅まつり」などの様々なイベントや地域行事に参加する予定。親善大使の3名は、文化芸術振興課の職員から、今後の活動内容やスケジュールなどの説明を受けた後、親善大使としての心構えを学んだ。さらに、プロフィール写真の撮影や関係部署への挨拶まわりなど、緊張した面持ちの親善大使は、大忙しの一日となった。
プリザーブドフラワーの講師資格を持つ冨田さんは、「オリンピック・パラリンピックが開催され、多くの方が訪れるタイミングで墨田区を好きになってもらえるサポートをしたい!」、英語・スペイン語が堪能で旅行が趣味だという神長倉さんは、「区の魅力を日本全国・海外に発信することで、墨田区に訪れたい、住みたいという人を増やしていきたい!」、バレエとジャズダンスが得意な山田さんは「生まれ育った墨田区を私たちが1年間盛り上げます!」と親善大使となった3人は抱負を語っていた。
今後、すみだ親善大使は、10月5日(土曜日)・6日(日曜日)に行われる「第44回すみだまつり・第49回こどもまつり」に参加し、5日午後0時30分から、墨田区総合体育館3階メインアリーナで開催のオープニングセレモニーにて認定及びお披露目され、午後から山本 亨・墨田区長と各ブースを訪問。6日午後3時から、アルカキット錦糸町前のステージで、すみだ親善大使によるトークショーを実施する。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで