このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

緑と花の学習園で『菊まつり』を開催中!

更新日:2019年11月18日

〜区内の菊は今が見頃!区民ボランティアが丹精込めて作った菊を、ぜひご鑑賞ください〜

現在、区の環境学習施設「緑と花の学習園」(文花二丁目12番17号)では、「菊まつり」が開催されており、訪れる人の目を楽しませている。これは、多くの方に「緑と花の学習園」の緑を通して、季節を感じてもらうとともに、同園を拠点として活動している区内の緑化ボランティア「緑と花のサポーター」の活動を広く知ってもらおうと開催しているもの。平成23年度から開催しており、今回で9回目。園内の特設展示スペースに並べられているのは、「緑と花のサポーター」が丹精込めて育てた約60鉢の菊。黄色や白の色鮮やかな“大菊”をはじめ、山菊とも呼ばれる小輪の“小菊”など、色とりどりの見事な菊が咲き誇っている。特に今年度は珍しいものとして、区の友好都市である長野県小布施町の「北斎巴錦保存会」より譲り受けた“巴錦”という古典菊を展示している。これは、かつて葛飾北斎が好んで作品でも取り上げたもので、花びらの内側が深紅色、外側が黄金色となっているのが特徴。北斎ゆかりの二つの地のつながりにより今回の展示が実現した。その他、園内では全長240センチメートル、幅130cmと圧倒的な大きさの「大懸崖(おおけんがい)」が咲き誇っている。「菊まつり」は、11月24日(日)まで開催中。また、区内では都立向島百花園(東向島3-18-3 堀 直子・センター長)でも菊の見頃を迎えている。同園では、「菊が彩る江戸屋敷」を24日(日)まで開催中。期間中、古典菊の展示と菊の育て方教室など様々な催しを行う。

菊祭りの様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで