このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区立言問小学校で通級指導学級でのオンラインによる授業を開始

更新日:2020年6月1日

 新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐために、国による緊急事態宣言の延長がなされたため、学校の臨時休校も継続され、子どもたちが学校に通学できない日々が続いている。
 墨田区立言問小学校と墨田区教育委員会では、この臨時休校の長期化に伴い、「きこえの教室(通級指導学級)」において、モデル的な取り組みとして「オンライン」による授業を開始した。教員2名体制でZoomを活用し、個別指導とグループ指導の2パターンで行っていく。
 授業は、児童とその保護者が一緒に家庭の端末からZoomに参加する形で始まる。教員による「画像」「音」「動き」などを駆使した工夫を凝らした内容とともに端末のタッチパネル機能も積極的に活用した参加型の授業展開で、児童・保護者・教員の笑顔が絶えることなく中身が充実した楽しい授業となっている。
 言問小学校の担当教員は、「保護者の理解や、通信の安定具合、教材の提示の仕方など不安な点はたくさんあったが、保護者にはスムーズに受け入れられたとともに通信にも乱れはなく、今のところ問題なく授業が進められている。教材の提示は、画像化した教材を端末画面に切り替えながら提示する方法で行うこととしたが、これが児童の興味を誘い授業に集中してもらえることが意外であった。また、授業の際は、横に保護者がサポートで入るため、その場で、保護者に褒めてもらいやる気に繋がるなど、学校では見ることのできない児童の姿に触れることができた。」と話す。なお、授業を実施するにあたり、教員の皆さんは、通常の会議はもちろん、教員同士の個々のコミュニケーションをとる際などでも、積極的にZoomを活用し慣れるように努力を重ねてきた。
 担当は、先行事例として他の学校の参考となればと考えている。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで