このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. イベント・講座情報
  4. その他
  5. 公共空間利活用のさらなる可能性を探るため、『そよ風L@B,』(社会実験)の実施期間延長と対象エリアを拡大します!
本文ここから

公共空間利活用のさらなる可能性を探るため、『そよ風L@B,』(社会実験)の実施期間延長と対象エリアを拡大します!

ページID:328630123

更新日:2020年8月31日

 墨田区では、令和2年6月15日から19日と、7月6日から17日に、新たな公共空間の使い方の可能性を探ること、行政職員自らが公共空間を利活用することで地域や民間事業者へ利活用のしやすさをPRすることを目的に、庁内職員用の屋外会議室として『そよ風会議室』(社会実験)を実施しました。
 その結果、庁内職員の会議室利用をはじめ、地域の休憩所、仕事場、エリアの情報発信拠点、公園利活用の窓口などの様々な可能性があることが分かりました。これを受け、『そよ風会議室』という限定的な利用から、地域の公園を利活用したい気持ちを実現し、隅田公園そよ風ひろばの利活用の可能性を検証するための“実験場” 『そよ風L@B,』(社会実験)を7月31日から8月31日まで実施しているところです。
 『そよ風L@B,』(社会実験)は、一体的な公共空間利活用のさらなる可能性を探るため、社会実験期間を延長するとともに、隅田公園そよ風ひろばから新たに北十間川河川テラス等、周辺の公共空間まで対象エリアを拡大します!引き続き、墨田区企画経営室公共施設マネジメント担当が社会実験を主催し、地域の方、民間の方の協力を得て実施していきます。なお、今後の社会実験期間における各種手続等については、段階的に協力いただく活用者の皆様に担っていただきます。

実施概要

実施期間

令和2年9月1日(火曜日)から12月28日(月曜日)まで

※上記期間中、不定期で開催します。詳細は別途告知いたします。(新型コロナ感染症の状況を鑑み告知を判断します。)
※社会実験は、検証項目を整理しながら令和2年度中継続する予定です。

実施メニュー

  1. 8月までに実施した占用を伴う実証実験の継続支援
  2. 河川区域の活用可能性を探る実証実験
  3. 隅田公園そよ風ひろば周辺利活用の相談窓口機能の実験(常時)
  4. その他隅田公園そよ風ひろば周辺における公共空間連携・公民連携実験等

実施場所


北十間川周辺公共空間

※隅田公園そよ風ひろばを中心とした周辺公共空間

関連ページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは公共施設マネジメント担当が担当しています。

注目情報