このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 衛生
  5. 食の衛生
  6. 【事業者の方へ】食の衛生
  7. 【事業者の方へ】お知らせ
  8. 【食品等取扱い事業者の方へ】新型コロナウイルス感染症への対応について
本文ここから

【食品等取扱い事業者の方へ】新型コロナウイルス感染症への対応について

ページID:999636673

更新日:2021年6月8日

食品等取扱い事業者の方へ、新型コロナウイルス感染症についての関連情報をお知らせします。

【目次】新型コロナウイルス感染症への対応について

営業時間短縮の要請等について

感染拡大防止対策と支援策

食品衛生管理

営業時間短縮の要請等について

【NEW】東京都からの営業時間短縮の要請について

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置(外部サイト)が実施され、東京都からは飲食店等に対し、営業時間短縮の要請が出されました。
 要請の詳細や協力金については外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都ホームページ(外部サイト)をご確認いただき、感染拡大防止のため、営業時間の短縮にご協力をお願いします。

東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター

電話:03-5388-0567
受付時間:午前9時から午後7時まで(土曜・日曜・祝日を含む)

営業許可書の郵送での受け取りについて

郵送フロー図

 営業許可書の郵送での受け取りは「レターパックプラス」のみ承っております。郵便窓口やコンビニエンスストアなどの郵便切手類販売所(一部を除く)でレターパックプラスを購入し、あて先のみ記入のうえ、営業許可申請時または施設の確認検査時にご提出ください。
 施設の確認検査が終了し、すでに発行済の許可書について郵送での受け取りを希望する場合は、レターパックプラスにあて先を記入のうえ(あて先が店舗所在地と異なる場合は品名欄に施設所在地と屋号を記入し)、封筒等に入れ、生活衛生課まで送付ください。

送付先

 墨田区保健所 生活衛生課 食品衛生係
 郵便番号:130-8640
 住所:墨田区吾妻橋一丁目23番20号

営業許可書の再発行について

 営業許可書を紛失等された場合の再発行は行っておりません。営業許可を取得していることの証明書については発行することができますので、必要な方は窓口まで申請をお願いします。

申請窓口

 墨田区保健所 生活衛生課(区役所5階)食品衛生係
 電話:03-5608-6943
 手数料:業種1件につき300円
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。証明願(PDF:4KB)

感染拡大防止対策と支援策について

東京都「事業者向け感染拡大防止ガイドラインの徹底に向けた取組」について

 東京都では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と経済社会活動との両立を図るため、事業者向け東京都感染拡大防止ガイドラインを作成し、感染防止対策に取り組んでいただくようお願いしています。
 合わせて、各事業者の感染拡大防止に向けた取組を促進するため、「感染防止徹底宣言ステッカー」の発行や「コロナ対策リーダー」の登録などを実施しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【東京都】事業者向け感染拡大防止ガイドラインの徹底に向けた取組(外部サイト)

【NEW】感染防止徹底宣言ステッカー/コロナ対策リーダー

 「感染防止徹底宣言ステッカー」は、東京都のホームページからオンラインで発行することができますので、ご希望の方はご利用ください。
 また東京都では、飲食店等に「コロナ対策リーダー」を置くことで、店舗・利用客双方による感染拡大防止対策の一層の徹底に向け、感染防止マナーを促進しています。「コロナ対策リーダー」の登録についても合わせて、東京都のホームページをご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【東京都】感染防止徹底宣言ステッカー/コロナ対策リーダーの概要(外部サイト)

【NEW】東京都「中小企業等による感染症対策助成事業」について

 東京都では、各業界団体が作成したガイドライン等に沿った感染防止対策に必要となる経費を助成する支援事業を実施しています。
 この度、店舗にコロナ対策リーダーを配置する飲食店等への支援が追加されましたので、詳細は東京都ホームページをご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【東京都】報道発表資料「中小企業等による感染症対策助成事業を充実します」(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症に関する支援策について

 新型コロナウイルス感染症に関する支援策(感染拡大防止協力金や持続化給付金、貸付など)については、墨田区ホームページ「新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症に関する支援策一覧」をご覧ください。

墨田区「新しい生活様式推進宣言店ステッカー」について

 墨田区では、新型コロナウイルス感染症の予防対策に取り組んでいる区内商店のために「新しい生活様式推進宣言店ステッカー」を作成しました。ご希望の方は、墨田区ホームページをご確認ください。

来店客への注意喚起について

 飲食店等での会食は、不特定多数の人がマスクを着用しない状況で店内に一定時間滞在するため、新型コロナウイルスの感染原因となるおそれがあります。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事業者の方は施設内の消毒などの取組と合わせ、来店客への注意喚起をお願いします。

  • 発熱、咳等の症状がある場合の来店見合わせ
  • 食事の前の手洗いと手指の消毒
  • 食事中以外(会話時)のマスク着用
  • お箸や取り皿の個別使用
  • 咳エチケット
  • 適度な距離を保っての行列や着席

来店客への感染症防止対策リーフレット

各業種ごとの感染拡大予防ガイドラインについて

 各事業者の団体において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防ガイドラインが策定されています。感染予防対策の参考にしてください。

業種別ガイドラインの解説動画

 業種別ガイドラインのうち、「外食業の事業継続のためのガイドライン」についての解説動画が、厚生労働省により作成されました。飲食店等において気を付けるべきポイントをわかりやすく伝えるため、特に重要な項目を2編に分けて映像化していますので、参考にしてください。

1.そうだったのか!居酒屋などでの感染予防 ~お客様への対応編~

2.そうだったのか!居酒屋などでの感染予防 ~従業員への対応編~

食品衛生管理について

飲食店での持ち帰りや通信販売について

 飲食店等にて新たに食品の持ち帰りや通信販売を行う場合は、店内で食べられる食品と比べ、作ってからお客様が食べられるまでの時間が長くなります。 食中毒予防の3原則「つけない」「ふやさない」「やっつける」を徹底し、普段以上に衛生管理に注意しましょう。なお、飲食店営業の許可のある施設において、許可の範囲内(注釈)で弁当やそう菜の持ち帰り販売を行うことは可能です。

注釈:許可の範囲内とは

 店舗で製造した菓子類を卸売販売する等の場合は、菓子製造業の許可が必要です。
その他、品目や販売方法によっては追加で営業許可を取得する必要がありますので、ご不明な場合はご相談ください。

持ち帰りの食品販売を行う際の注意のチラシです。

一般衛生管理について

 新型コロナウイルス感染症については、厚生労働省から「食品等取り扱い事業者の方へ」として、ホームページに食品に関するQ&Aが掲載されています。
 これによれば、現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されておらず、また、製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い等の一般的な衛生管理が実施されていれば、食品を介した感染を心配する必要はないとされています。
  食品等取扱い事業者様におかれましては、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理に努めてください。
 また、農林水産省のホームページでは「食品産業事業者の皆様へ」として、新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関する基本的なガイドラインや、店舗での感染拡大予防の取組などを掲載していますので、ご確認ください。

 厚生労働省からの「新型コロナウイルスに関するQ&A」です。

 農林水産省からの新型コロナウイルス感染症についての情報です。

マスクの着用と手指の消毒について

 今般の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、マスク及び消毒用アルコールが不足している状況です。このことを踏まえ、厚生労働省から、食品等事業者のマスクの着用及び手指等の消毒について、取り扱いの方法が示されました。マスク及び消毒用アルコールが不足した際には、次のことに注意してください。

マスクについて

  1. 食品の製造・加工施設において未包装の調理済食品を取り扱う等食品衛生上のリスクの高い作業に従事する者がマスクを着用していれば差し支えなく、全ての従業員に対してその着用を求めるものではないこと。このため、マスクが不足している場合は、食品衛生上のリスクの高い作業に従事する者に優先的にマスクの着用を求め、必要な衛生管理を確保すること。
  2. 紙マスク等の使い捨てのマスクである必要はなく、布マスク等くしゃみ又は咳の飛沫を防ぐ目的を達成できる機能を有するものを代替して差し支えないこと。

消毒用アルコールについて

  1. 手指の消毒が必要なときは、用便後、生鮮の原材料や加熱前の原材料を取り扱う作業を終えた後等食品衛生上の危害の発生を防止するために必要な場合であること。また、必要に応じて使い捨て手袋を着用するなどにより、衛生管理を確保すること。
  2. 施設設備及び機械器具の消毒においても、次亜塩素酸ナトリウム(0.05%以上)、熱湯蒸気等により消毒を行うことが可能であること。

厚生労働省からの通知です。

お問い合わせ先

生活衛生課 食品衛生係
電話:03-5608-6943

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

【事業者の方へ】お知らせ

  • 【食品等取扱い事業者の方へ】新型コロナウイルス感染症への対応について

注目情報