このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

ふぐの取扱いについて

更新日:2019年4月11日

東京都では、「東京都ふぐの取扱い規制条例」においてふぐの取扱いを規制しています。取り扱うふぐによって、取扱い方法や申請方法が異なりますので、墨田区保健所へお問い合わせください。

「未処理のふぐ」を調理・加工する施設では認証書が必要です

 東京都ふぐの取扱い規制条例により、除毒処理を施していない「未処理のふぐ」を営業行為として取り扱うことができるのは、東京都の「ふぐ調理師免許」を有する者が「ふぐ取扱施設」として認証を受けた施設において取り扱う場合のみです。
 「未処理のふぐ」を取り扱う場合には、専任の「ふぐ調理師」を置き、「ふぐ取扱所認証」を取得してください。
 保健所に申請手続きを行ってから、認証書の交付までには早くても2週間程度かかりますので、 少なくともふぐの取扱いを開始する3週間前までに手続きを済ませるようにしてください。

申請時に必要なもの

  • ふぐ取扱所認証申請書
  • ふぐ調理師免許証:本証とコピーを用意してください。
  • 手数料:4,700円

「ふぐ加工製品」の取扱いには届出が必要です

 認証施設ではない一般の飲食店や魚介類販売店では、一定の条件を満たし、保健所へ届出を行うことで「ふぐ加工製品」を取り扱うことができます。なお、ふぐ加工製品取扱者には、ふぐ加工製品を取り扱う際に守らなければならない義務があります。

「ふぐ加工製品」とは

 「ふぐ加工製品」とは、有毒部位が除去等(有毒部位が除去、又は塩蔵処理等が行われたもの)されたものであって、以下のものを示します。
例) 身欠きふぐ、精巣、ふぐ刺身、ふぐちり材料、ふぐ塩蔵品、ふぐ調味加工品、ふぐそう菜など

届出施設で使用できる「ふぐ加工製品」とは

次の2つの条件を満たすふぐ加工製品に限り、使用することができます。

  • 容器包装に入れられているもの
  • 条例で定める表示がされているもの

申請時に必要なもの

  • ふぐ加工製品取扱届
  • 届出時確認書
  • 手数料:3,000円

※申請時には、ふぐ加工製品の取扱いについて説明を受けなくてはなりません。
※手続きに時間がかかりますので、事前に墨田区保健所へご連絡の上、申請へお越しください。

届出後に必要な手続き

「ふぐ取扱所認証」及び「ふぐ加工製品取扱届出済票」を取得後、記載内容に変更が生じた場合、ふぐ・ふぐ加工製品の取扱いを中止した場合は手続きが必要になりますので、お問い合わせください。

関連リンク

お問い合わせ先

生活衛生課食品衛生係
電話:03-5608-6943

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで