このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

牛レバーを生食するのはやめましょう

更新日:2015年9月29日

牛レバー(肝臓)の内部より腸管出血性大腸菌が検出されたことから、生で食べると、食中毒のリスクがあることが明らかになりました。

平成24年7月1日から生食用レバーの提供が禁止されました

食品衛生法に基づいて、生食用牛肝臓(レバ刺しなど)の販売および提供が禁止されました。
これは、牛肝臓を安全に生で食べるための有効な予防対策は見い出せておらず、牛肝臓を生で食べると、腸管出血性大腸菌による重い食中毒症状を呈する危険性があるからです。

詳細は下記のホームページを参照してください。

また、自宅で牛レバーを調理する際も、十分に加熱調理してから食べるようにしましょう。

問い合わせ先

生活衛生課食品衛生係
電話:03-5608-6943

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで