このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

食中毒を防ぎましょう

 食中毒とは、食中毒を起こす細菌やウイルス、食中毒菌が作った毒素などがついた食品を食べることで起こる下痢やおう吐、腹痛、発熱などの急性胃腸炎をいいます。食品が細菌やウイルスなどに汚染されていても、味や匂いは変わりません。

 また、ふぐや毒キノコなど自然毒による食中毒や、生鮮魚介類・獣肉に寄生している寄生虫を生きた状態で食品とともに食べることによる食中毒などもあります。

 食中毒の原因となる細菌やウイルスなどには、それぞれ特徴がありますので、その特徴を理解し、食中毒を防ぎましょう。
 詳しい特徴などは、下記のリンク先をご覧ください。

食中毒が疑われる場合の対処法

主な細菌性の食中毒

主なウイルス性の食中毒

主な動物性自然毒

主な植物性自然毒

主な寄生虫による食中毒

本文ここまで