このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 健康
  5. 予防接種
  6. 新型コロナウイルスワクチンの予防接種
  7. ファイザー製ワクチンおよび武田/モデルナ製ワクチンの有効期限の延長について
本文ここから

ファイザー製ワクチンおよび武田/モデルナ製ワクチンの有効期限の延長について

ページID:371866645

更新日:2022年4月26日

厚生労働省から、ファイザー製ワクチン及び武田/モデルナ製ワクチンの有効期限の延長について通知がありました。ワクチンの有効期限が次のとおり延長されています。
なお、ワクチン接種時に予防接種済証(臨時)等に貼り付けるワクチンシールは、延長前の期限を印字している場合がありますが、ワクチンの期限を延長しており、接種して差し支えない期限となっていますので、ご安心ください。

ファイザー製ワクチンの有効期限について

ファイザー製ワクチンについては、-90℃から-60℃で保存している場合の有効期限が令和3年(2021年)9月10日に6か月から9か月に延長されたところですが、令和4年(2022年)4月22日に9か月から12か月に延長されました。
すでに有効期限が6か月として印字されているワクチンの延長後の有効期限は、以下のPDFをご覧ください。

武田/モデルナ製ワクチンの有効期限について

武田/モデルナ製ワクチンについては、令和3年(2021年)7月16日に、-20℃±5℃で保存している場合の有効期限が6か月から7か月に延長されたところですが、令和3年(2021年)11月12日に、有効期限が7か月から9か月へと更に延長されました。
すでに有効期限が6か月として印字されているワクチンの延長後の有効期限は、以下のPDFをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは新型コロナウイルス予防接種調整担当が担当しています。