このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 健康
  5. 予防接種
  6. 子どもの予防接種
  7. ロタウイルス感染症の定期予防接種
本文ここから

ロタウイルス感染症の定期予防接種

ページID:714840926

更新日:2020年10月2日

令和2年10月1日からロタウイルス予防接種が予防接種法に基づく定期接種となりました。

 ロタウイルス定期接種の対象者は、令和2年8月1日以降に生まれたお子さんです。
 標準的な接種期間は、生後2か月からとされていますので、ロタウイルス予防接種予診票は、2か月を迎える直前に他の予防接種予診票と合わせて発送します。
 ※9月中に定期接種を受けることはできません。また、令和2年7月以前に生まれたお子さんへの経過措置はありませんので、ご了承ください。

ご注意ください

 令和2年8月1日以降生まれの方でも、9月中にロタウイルスワクチンを接種した場合は、任意接種扱いとなり、接種費用が自己負担となります。自己負担費用の助成はできませんので、ご了承ください。

ワクチンの種類

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも予防効果や安全性に差はありません。経口生ワクチン(飲むワクチン)です。
ワクチンにより接種回数が異なります。同一のワクチンで定められた回数を接種します。
標準的には、1回目の接種は生後2か月から生後14週6日後まで(15週未満)に受けてください。

ワクチンの種類 接種対象期間 接種回数
ロタリックス 生後6週から生後24週まで 27日以上の間隔をあけて2回
ロタテック 生後6週から生後32週まで 27日以上の間隔をあけて3回

ロタウイルス胃腸炎・ロタウイルスワクチン予防接種に関するお知らせ

実施医療機関

実施医療機関は、表の「ロタ」の項目に丸印がついている医療機関です。

問合せ先

保健予防課 感染症係
電話:03-5608-6191

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健予防課が担当しています。