このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

鶏肉の生食による食中毒が多発しています!

更新日:2016年7月13日

区内の飲食店において、生や加熱不十分の鶏肉料理を食べたことが原因のカンピロバクター食中毒が連続して発生しており、全国的にも多発しています。
お肉を食べるときは十分加熱して食べましょう。また、「飲食店で提供されているから安全」「新鮮な肉だから安全」というわけではありません。外食の際も、十分加熱された鶏肉料理を選びましょう。

カンピロバクターの特徴や予防方法についてなど、詳細は下記のページやパンフレットを参照してください。

カンピロバクターの特徴や予防方法などについて説明しているページです。

関連情報

鶏肉以外の肉の生食も大変危険です。

問い合わせ先

生活衛生課食品衛生係
電話:03-5608-6943

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで