このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度墨田区学童クラブ利用申請のご案内をします

更新日:2017年4月3日

1 利用できる児童

 放課後の児童の健全育成を図るため、保護者が労働等により昼間家庭にいない(注釈)児童で、集団生活に適し、次の1から3のいずれかに該当する児童が対象となります。

  1. 区内にある小学校の1年生から3年生までの児童
  2. 区外の小学校の1年生から3年生までに在籍し区内に住所のある児童
  3. その他特に必要があると認める児童

[特に必要があると認める児童とは]

 (1) 区内の特別支援学校に在籍している1年生から6年生までの児童
 (2) 区外の特別支援学校に在籍し区内に住所のある1年生から6年生までの児童
 (3) 区内にある小学校の4年生から6年生までの児童、または、区外の小学校の4年生から6年生までに在籍し区内に住所のある児童で、「ア」から「ウ」のいずれかに該当する児童  
ア 特別支援学級に在籍している児童
イ 身体障害者手帳または愛の手帳を保持する児童
ウ 学童クラブに通う必要があることを証明できる児童(ウは、児童相談所等からの意見書、専門機関からの証明書等が必要です。)
(注釈)保護者が平日(週1日以上)の午後1時から午後6時までの間で、労働等を行っていることが必要となります。
※利用申請は年度ごとに必要です。継続して利用する場合も、改めて申請することとなります。

2 利用期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日までです。

3 育成日及び育成時間

(1) 育成日:月曜日から金曜日{祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く}
(2) 育成時間:授業日は授業終了後から午後6時までです。
   学校休業日(夏休み等)は午前8時半から午後6時までです。

4 早朝・夜間延長及び土曜育成について

(1) 一部の学童クラブでは、上記育成日及び育成時間の延長として、夜間延長(午後7時まで)及び土曜育成を、学校休業日においては早朝延長(午前8時から)を実施します。(別途料金がかかります。)※夜間延長を利用する場合は、保護者のお迎えが必要です。
(2) 利用については、保護者が通勤時間を含む就労等で、早朝延長は午前8時30分より前、夜間延長は午後6時を超えて、また、土曜育成は土曜日に児童の育成ができないことの証明が必要です。
(3) 新たに利用する場合は、利用する前日までにその申請がないと、利用できません。(書類に不備がある場合は、受付できませんので、お早めに申請してください。)
(4) 取りやめをする場合は、取りやめをする月の前月末までにその申請がないと、取りやめできません。
(期日を過ぎると、1か月分の延長・土曜育成料がかかります。)
(5) 実施している学童クラブについては、別添「学童クラブ設置場所及び申請場所」を参照してください。

5 費用(育成料)

「平成29年度墨田区学童クラブ利用のご案内」をご覧ください。

6 申請書配布

利用を希望する学童クラブの申請場所(「学童クラブ設置場所及び申請場所」参照)で、申請書等を配布しています。その際、新規利用等のお子様については面接を受けていただきますので、面接日の調整をします。

7 申請受付

関係書類を揃えて、希望する学童クラブの申請場所(「学童クラブ設置場所及び申請場所」参照)へ申請してください。
※書類に不備がある場合は、受付できませんので、お早めに申請書等をご準備ください。

8 申請受付期間

平成28年12月1日(木曜日)から平成29年1月10日(火曜日)まで
平成29年1月11日(水曜日)以降も申請は随時受付しますが、この場合は平成29年4月1日からの利用ができないこともあります。
※日曜・祝日・年末年始(12月29日から1月3日)・各館休館日(各館へ問い合わせ)は除く

9 決定通知

平成29年2月下旬以降随時、通知書を郵送します。
※平成29年1月10日までに申請を受理されている人は、2月下旬に通知書を郵送します。
※定員を超過する場合等には、希望する学童クラブを利用できないこともあります。

10 その他

  • 育成料の減額・免除制度については、「学童クラブ育成料の減額・免除制度のお知らせ」をご覧ください。
  • 在職証明書の様式は次のとおりです。

問い合わせ先

子育て政策課 児童館担当
電話:03-5608-6195(平日の午前8時30分から午後5時まで)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは子育て政策課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで