このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

児童手当・子どもの医療費の助成の郵送申請(届出)

更新日:2020年4月6日

児童手当、子どもの医療費の助成の申請、届出については、下に記載した手続について、郵送で申請することができます。なお、出生届や住民票の届出等で墨田区役所本庁舎にご来庁される方は、同日に児童手当、子ども医療助成の申請、届出ができますので、出生届等が終わりましたら、本庁舎4階子育て支援課までお越しください。

注意事項(必ずお読みください)

  • 郵送での申請(届出)の場合は、申請書(届出書)が墨田区子育て支援課へ到着した日を申請日として取り扱います。申請日によっては手当の支給開始月が遅れることなどがありますので、来庁が可能な場合は、なるべく窓口で申請をしてください。なお、郵送で申請をする場合は、郵便事情等による遅延や郵送事故の責任は一切負いかねますので、特定記録郵便等、記録に残る方法での郵送をお勧めいたします。
  • すべての手続について、必ず本人確認書類(運転免許証、保険証等)の写しを同封してください。
  • 申請書は自筆で記入し、原本を送付してください。電子メールやファックスによる申請は受付できません。
  • 手続ごとの注意事項をご確認のうえ、ご申請ください。
  • 申請書(届出書)に不備や提出必要書類の添付がない場合は、お電話やお手紙でご連絡いたしますので、ご対応をお願いいたします。

児童手当新規申請

第1子の出生や、墨田区への転入に伴い新たに手当の申請をする手続です。請求できる方は、原則、児童の父母のうち前年(請求する月が1月から5月の時は前々年)の所得が高い方です。既に墨田区から手当の支給を受けている方で、第2子以降の出生等により児童を新たに監護・養育する場合は、「児童手当の額の改定の請求」(下に記載の手続)が必要です。
※請求者が厚生年金に加入している場合は、請求者の健康保険証の写し(表面のみ)を同封してください。
※児童が申請者と別居しているときは、「監護事実の同意書」の提出が必要です。
※父母のうち所得が低い方で申請があった場合、申請が却下される場合があります。
※父母が離婚している場合や、離婚前提の別居中のときは、児童と同居している父母いずれかに手当が支給されます。

乳幼児・子ども医療証の新規申請

児童の出生や、児童が墨田区へ転入してきたとき、医療費の助成を受けるために必要な医療証の申請手続です。
※申請後、概ね1週間以内に郵送でお届けします。2週間を過ぎても届かない場合はご連絡ください。
※窓口で申請いただいた場合はその場で発行し、お渡ししますので、お急ぎの方は直接窓口でご申請ください。医療証の発行については、出張所での申請もできます(児童手当に関する手続は本庁舎のみ。)。

児童手当の額の改定の請求

墨田区からすでに児童手当の支給を受けている受給者が、第2子以降の出生等により新たに監護、養育する児童が増えたとき、児童手当の増額の申請をする手続です。
※児童と別居している場合は、「監護事実の同意書」の提出が必要です。お子様のマイナンバー確認書類の写しの添付も必須です。児童の出生日の翌日から数えて15日を過ぎると、増額の開始月が遅れる場合があります。
※新たに監護・養育する児童が増えた場合は、別途、乳幼児・子ども医療証の新規申請が必要です。児童が墨田区外に居住しているときは墨田区への手続は必要ありません。児童のお住まいの自治体でご申請ください。なお、自治体によっては同様の制度がない場合があります。
※何らかの事情により、児童を監護・養育しなくなったときにも届出が必要ですが、事情により必要な添付書類が異なりますので、事前にご連絡いただくか、窓口でご申請ください。

住所・氏名変更届出(児童手当・子ども医療助成共通)

受給者(保護者)や児童の墨田区内での住所変更、または氏名が変更になったときは、速やかに届け出てください。
※1枚の提出で児童手当、子ども医療助成の変更の手続ができます。
※新住所または新姓に記載事項を修正した医療証を郵送でお届けします。申請後、概ね1週間以内に郵送でお届けします。2週間を過ぎても届かない場合はご連絡ください。
※児童手当の受給者の氏名が変更になったときは、新姓での口座の変更手続が必要です。
※受給者の墨田区外への転出については、「支給事由消滅の届出」をご提出ください。
※お子様のみ別居の場合は、引き続き現受給者で児童を監護・養育するときは「監護事実の同意書」を添付し、ご離婚等で配偶者が児童を監護、養育するときは「支給事由消滅の届出」のみをご提出ください。

受給事由消滅の届出(児童手当、子ども医療助成共通)

児童手当の受給資格がなくなったとき、子ども医療助成の受給資格がなくなったときは速やかに届け出てください。
※1枚の提出で児童手当、子ども医療助成の変更の手続ができます。

児童の健康保険の変更手続(子どもの医療費の助成)

児童の健康保険証が変更になったときに必要な届出です。児童の新しい健康保険証の写しを同封してください。医療証はそのまま有効期限までお使いいただけます。
※新しい医療証はお送りしませんので、お手持ちの医療証を継続してお使いください。

乳幼児・子ども医療証の再交付申請

医療証を紛失、汚損した場合等に再交付の申請をする手続です。
※墨田区役所本庁舎4階子育て支援課又は各出張所の窓口で申請いただいたときは、その場でお渡ししますので、お急ぎの場合は直接申請してください。その場合は、保護者の本人確認書類と印鑑をお持ちください。なお、医療証の保護者、同居の配偶者以外の方が申請する場合は委任状と受任者の本人確認書類をお持ちください。
※申請後、概ね1週間以内に郵送でお届けします。2週間を過ぎても届かない場合はご連絡ください。

児童手当等の振込口座の変更

児童手当等の振込口座を変更する手続です。
※制度上、受給者以外の方(児童や配偶者など)への振込みはできません。
※記入誤りがあると振込不能となり、手当の支給が遅れるとともに確認の手続が必要となりますので、よくご確認のうえ、届け出てください。
※受給者の名前が変わったときは、新姓の名義の口座の登録が必要ですので、届け出てください。
※印鑑は認印で可ですが、シャチハタは不可です。
※必ず本人確認書類の写しを同封してください。同封が無かった場合は受付できません。
※申請日によっては直近の手当の振込には口座変更が間に合わないことがあります。
※内容に不備がなければ、区から連絡はいたしません。振込日に通帳記入等でご確認ください。
※東京都・特別区指定金融機関等一覧に記載のある銀行等からご指定ください。

問い合わせ・送付先

〒130-8640
東京都墨田区吾妻橋一丁目23番20号
墨田区 子育て支援課 児童手当・医療助成係
電話:03-5608-6160(児童手当担当)
電話:03-5608-1439(子ども医療助成担当)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは子育て支援課が担当しています。

本文ここまで