このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2007年10月21日号 のページです。

すみだ区報 2007年10月21日号

仕事・産業
名称 内容 抽選・審査・選考方法等 申込み
墨田区社会福祉事業団非常勤職員の募集 [内容]高齢者向け福祉施設における講座の運営、施設運営事務等
[対象]パソコンのワード・エクセルの操作ができる方
採用数/1人
選考方法/作文・面接
*応募者に後日、作文のテーマ等を通知
[申込み]市販の履歴書(最近3か月以内の写真貼付)を直接または郵送で10月28日(必着)までに墨田区社会福祉事業団(〒131-0033 向島三丁目36番7号) 電話:03-5608-3719へ
*郵送の場合は封筒に「事務員応募」と朱書

 「発見!すみだの誇り」では、現在・過去・未来を問わず、すみだが誇れるまちの魅力をご紹介しています。今回は、墨田区と台東区の姉妹区提携事業の一環として架設した「桜橋」をご紹介します。
 昭和60年3月に完成した「桜橋」は、隅田川に架かる23番目の橋で、墨田・台東両区に分かれた隅田公園を結ぶ歩行者専用の公園橋です。この「桜橋」の開通により、両区に分かれた隅田公園は往来がしやすくなり、より一層の一体化が図られました。
 「桜橋」の架橋にあたっては

  • 自然との調和を図るため、自然石の花こう岩を用いた舗装
  • イベント等にも使用可能な広場的感覚の橋上デザイン
  • 水辺へ近づくことを可能とする橋周辺の緩やかな傾斜型堤防
  • 夜にも橋の存在感を強調するポール型の照明や欄干に組み込まれた照明

等の配慮や工夫が施されています。加えて、橋の鮮やかな黄色と優美なX型のシルエットは、隅田川の風景に彩(いろど)りを添えています。
 なお、平成7年3月には、架橋10周年を記念して墨田・台東両区で瑞鶴の図のモニュメント(記念碑)を設置しました。このモニュメントは、日本画家 平山郁夫氏の原画による鶴をモチーフとしており、21世紀に向けた飛躍や力強さを表現しています。隅田公園を訪れた折には、桜橋からの風景をご覧になってはいかがでしょうか。
[問合せ]広報広聴担当 電話:03-5608-6223

橋の下部の黄色が印象的な桜橋

橋の下部の黄色が印象的な桜橋(向島二丁目・五丁目)

瑞鶴(ずいかく)の図のモニュメント

瑞鶴(ずいかく)の図のモニュメント

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで