このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだ区報
  4. 2011年9月1日号
本文ここから

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2011年9月1日号

 子どもの健やかな成長には、保護者や学校の先生だけでなく地域の大人が関わることが大切です。“遊び”を支える「放課後子ども教室」と、“学び”を支える「放課後学習クラブ」に参加し、すみだの子どもたちを“地域の力”で育んでいきましょう。

「みんなで遊ぶと楽しいよ」(錦糸こども教室)

「みんなで遊ぶと楽しいよ」(錦糸こども教室)

 

 現代の子どもは、塾や習い事などで忙しいため、昔に比べて「遊ぶ時間」も「遊び仲間」も少なくなり、自由に「遊べる空間」も減ったといわれています。そこで区では、子どもたちの安心で安全な居場所をつくるため、小学生が放課後、そのまま学校の校庭などで友達と過ごせる「放課後子ども教室」を始めました。
 平成19年度から緑小学校、20年度から第三吾嬬小学校で開設し、今年度からは従来、土曜日・日曜日に行っていた「校庭開放」を平日に拡大する等の工夫をして運営委員会を設立した学校から順次、開設しているところです。区では、24年度末までに区立小学校全校での開設をめざしています。

 「放課後子ども教室」で、子どもたちを見守り、学校の協力を得て運営を担っているのは、各学校のPTAや保護者、そして、町会・自治会など、地域のボランティアの皆さんです。支えている皆さんは、“近所の学校の子は、自分たちの地域の子”という考えで、地域の事情にあわせ、運営方法や愛称などを工夫しています。
 子どもたちが笑顔で遊ぶことができるよう、この事業を手伝ってみたいという方は、ぜひ、生涯学習課までご連絡ください。
[問合せ]生涯学習課青少年担当 電話:03-5608-6311

「放課後子ども教室」の主な概要
とき 授業終了後から午後5時ごろまで
*学校施設などの利用状況等により異なります。
ところ 各学校の校庭や体育館など
対象 小学生
*学校により、対象学年を限定する場合があります。
実施校(愛称) 緑小学校(放課後みどりっ子)、二葉小学校(ヒトツバタ子ひろば)、錦糸小学校(錦糸こども教室)、中和小学校(中和こどもひろば)、言問小学校(言問放課後クラブ)、第三吾嬬小学校(第三吾嬬いきいきスクール)、第四吾嬬小学校(四吾小キラキラclub)
実施予定校 ・今月から=曳舟小学校、両国小学校、立花吾嬬の森小学校
・10月から=八広小学校、外手小学校

 

子どもの笑顔に、疲れも吹き飛びます!

山口 かおるさん

山口 かおるさん

 錦糸こども教室を開設する際に関係者が集まり、「学童クラブに通っている子どもたちが遊ぶ場合は午後4時までとし、それから学童クラブに行く」というルールを相談して決めました。毎回、町会長さんが子どもたちを学童クラブまで引率してくださっていて、私たち見守りスタッフも、保護者の方も安心しています。皆さんも、社会貢献の一つだと思って、地域の子どもと一緒に遊んでみませんか。元気をもらえますよ。

 

「世界が逆さに見えるんだ」

「世界が逆さに見えるんだ」

「バドミントンギターだよ」

「バドミントンギターだよ」

 

地域とのつながりも広がってきています!

>石田 祐二さん

石田 祐二さん

 毎週水曜日の夜に体育館で、子どもたちにバレーボールを教えている“おやじの会”が中心になって運営しています。子どもも親も安心できる、とってもいい事業だと思います。
 将来的には、この事業を発展させ、近隣の5町会などの方々に、子どもの名前や顔を覚えていただき、地域みんなで子どもを育てることにつながればいいと思います。そのことが、地域の防犯やコミュニティづくりにも役立つと思いますよ。

 

ボール遊びが大人気

ボール遊びが大人気

水分補給も忘れずに

水分補給も忘れずに

「このデジタル時計の数字をまねて帰る時間を書いてね」

「このデジタル時計の数字をまねて帰る時間を書いてね」

 

 平成19年度から実施している文部科学省の「全国学力・学習状況調査」によると、すみだの子どもたちは家庭での学習時間が短く、テレビ等の視聴時間が長い傾向にあることが分かりました。
 そこで区では、22年度から、家庭学習を補完する取組として、放課後に地域ぐるみで子どもたちの学習を支援し、“自ら学ぶ習慣をもつ子”を育むため、「放課後学習クラブ」を始めました。
 この担い手となるのは、保護者でも学校の先生でもない地域の方々、「すみだSST(スクールサポートティーチャー)」です。現在、100人以上の方の登録があり、小学校・中学校のほぼ全校で活躍しています。担当するのは、国語・算数(数学)・英語などの基礎的な内容が中心で、一人ひとりに応じた学習です。
[問合せ]すみだ教育研究所 電話:03-5608-6621

講義だけでなく、読み聞かせや遊びなどの実践もあります(第1期「すみだSST養成講座」の受講風景)

 

 区では、より多くの方に子どもの学びを支えていただくため、教える際の“心がまえ”を学べる養成講座を、今年から開講しています。
 7月に第1期が終了し、今月から第2期の受講生を募集します。なお、この講座は、区民と区の協働によるまちづくり「協治(ガバナンス)」の教育分野での取組として、NPO法人東京学芸大こども未来研究所と連携して行います。この面の下段で紹介している第1期の受講生の感想なども参考にして、ぜひ、ご参加ください。
[とき・ところ・テーマ等]下表のとおり
[定員]先着40人
[費用]無料
[申込み]事前に住所・氏名・電話番号を直接または電話、ファクス、Eメールで、すみだ教育研究所(区役所12階) 電話:03-5608-6621・ファクス:03-5608-6596・Eメール:KENKYUJO@city.sumida.lg.jp
*公開講座のみの受講もできます。

  とき ところ テーマ等
*○印は公開講座
基礎 1 9月17日(土曜日) 午前8時40分から10時半まで 区役所会議室131(13階) 開講式、魅力的な地域の大人ってどんな人?“教育支援者とは”
基礎 2 9月17日(土曜日) 午前10時45分から午後0時15分まで 区役所会議室131(13階) 「今どきの子ども」って
基礎 3 9月17日(土曜日) 午後1時半から3時まで 区役所会議室131(13階) 子どもとの接し方
基礎 4 9月17日(土曜日) 午後3時15分から5時5分まで 区役所会議室131(13階) 子どもの理解、認証式
応用 5 9月20日(火曜日) 午前10時から11時半まで 区役所会議室121(12階) どんな人が求められるの?  
応用 6 9月20日(火曜日) 午後2時から4時20分まで 第一寺島小学校(東向島一丁目16番2号) SSTの活動を見てみよう  
応用 6 9月20日(火曜日) 午後2時から4時20分まで 第一寺島小学校(東向島一丁目16番2号) 学校で必要とされる人、情報交換  
応用 7 9月27日(火曜日) 午後1時から2時半まで 区役所会議室122(12階) 子どもの心理学  
応用 8 9月27日(火曜日) 午後2時40分から4時10分まで 区役所会議室122(12階) 学校で活動するために  
応用 9 10月8日(土曜日) 午前9時から午後0時15分まで 区役所会議室131(13階) 特別支援教育って何だろう
応用 10 10月8日(土曜日) 午後1時半から3時まで 区役所会議室131(13階) 望ましい人間関係のために(ソーシャルスキル)
応用 11 10月22日(土曜日) 午後1時から2時半まで 言問小学校(向島五丁目40番14号) 学校図書館へ行ってみよう  
応用 11 10月22日(土曜日) 午後2時45分から4時15分まで 言問小学校(向島五丁目40番14号) 読み聞かせ講座(聞いてみよう・やってみよう)
応用 12 10月25日(火曜日) 午前9時から9時55分まで 横川小学校(東駒形四丁目18番4号) 子どもと安全  
応用 12 10月25日(火曜日) 午前10時から正午まで 横川小学校(東駒形四丁目18番4号) 指導法研修(小学校)  
応用 13 11月4日(金曜日) 午後1時半から3時50分まで 向島中学校(東向島四丁目18番9号) 中学校へ行ってみよう、指導法研修(中学校)  
応用 14 11月12日(土曜日) 午後1時から2時半まで 区役所会議室131(13階) 子どもとあそび(室内での遊び)
応用 15 11月12日(土曜日) 午後2時45分から4時15分まで 区役所会議室131(13階) 子どもとあそび(屋外での遊び)
応用 16 11月19日(土曜日) 午後2時から4時まで 区役所会議室131(13階) 信頼関係向上プロジェクト、認証式、閉講式  

 

浅岡 有紀さん

浅岡 有紀さん

 “先生って大変”と思ったり、特別支援教育の話に感動したり、とても勉強になる講座でした。いろいろなバックグランドをもった地域の大人が教育に関わることは、子どもの育ちにプラスになると思います。とても役立つ内容で、しかも受講料は無料ですから、絶対おすすめですよ。

 

小野 佳奈子さん

小野 佳奈子さん

 私は「土曜補習教室」で国語を教えた経験がありましたが、この講座では、子どもとの接し方や、学校という組織について学ぶことができました。SSTとして、多くの子どもたちに学ぶ楽しさや、映画・文学といった知識が人生を豊かにしてくれることを伝えていきたいです。

 

国分 健太さん

国分 健太さん

 僕は将来、教師になることをめざしていますが、まずは先生とは違う、SSTという立場で、子どもに寄り添い、向き合いたいと思っています。教員試験の勉強もあり、両立は大変でしたが受講生の中には応援してくださる方もいて、一緒に楽しく学ぶことができました。若い受講生が増えるとうれしいですね。

このページは広報広聴担当が担当しています。