このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

耐震改修事業助成金一覧

更新日:2017年8月10日

助成金一覧

木造建物(耐震診断・耐震改修計画作成・耐震改修・除却・耐震装置設置)

※耐震改修計画作成・耐震改修・除却・耐震装置設置の場合、建物の半分以上が住宅であることが助成条件となります。

非木造建築物(耐震診断)

非木造建築物耐震診断助成金一覧
助成区分 診断対象床面積 助成率 助成限度額
耐震診断 ・1,000平米以内 2分の1 ・50から153万円※1
耐震診断 ・1,000平米を超え 
2,000平米以内
2分の1 ・153から204.5万円※2
耐震診断 ・2,000平米を超える 2分の1 ・204.5万円


助成額は、助成率で算出された額と助成限度額のうちいずれか低い額になります。
※1、2は診断対象床面積により算出します。
※1 500,000円+(1,030円×診断対象床面積)
※2 1,530,000円+(515円×[診断対象床面積−1,000平米])

分譲マンション(耐震診断・補強設計・耐震改修工事)

分譲マンション助成金一覧
助成区分 診断対象床面積又は対象経費 助成率 助成限度額
耐震診断 ・1,000平米以内 2分の1 ・50から153万円※1
耐震診断 ・1,000平米を超え 
2,000平米以内
2分の1 ・153から204.5万円※2
耐震診断 ・2,000平米を超える 2分の1 ・204.5万円
補強設計 補強設計費 2分の1 ・200万円
耐震改修工事 補助対象経費 ※3 3分の1 ・2,000万円


助成額は、助成率で算出された額と助成限度額のうちいずれか低い額になります。
※1、2は診断対象床面積により算出します。
※1 500,000円+(1,030円×診断対象床面積)
※2 1,530,000円+(515円×[診断対象床面積−1,000平米])
※3 補助対象経費計算式 
(1)補助対象経費限度額算定
診断対象床面積×49,300 円/平米= 補助対象経費限度額
(2)補助対象経費の決定
補助対象経費限度額 又は 実際に耐震改修に要した費用
低い額を補助対象経費 とする。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは防災まちづくり課が担当しています。

本文ここまで