このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. くらし
  4. 環境・緑・雨水・生物・地球温暖化
  5. 工場などに関する届出
  6. 騒音規制法に基づく届出
  7. 法律で定める公害防止管理者の選任が必要な特定施設
本文ここから

法律で定める公害防止管理者の選任が必要な特定施設

ページID:651036306

更新日:2013年10月23日

特定工場における公害防止組織の整備に関する法律に基づき、下記の騒音発生施設を設置している工場は公害防止管理者及び代理者の設置が義務付けられています。

 
1 機械プレス(呼び加圧能力が980キロニュートン(100重量トン)以上のものに限る。)
2 鍛造機(落下部分の重量が1トン以上のハンマーに限る。)

※届出書は下記を参照して下さい。
・従業員数が21人以上の場合、公害防止管理者の他に公害防止統括者及び代理者の選任も必要となります。
・公害防止管理者の申請には資格証明の書類が必要となります。
・届出書はそれぞれ正副2部必要となります。

一般社団法人 産業環境管理協会のホームページで、公害防止管理者資格制度等の説明が掲載されています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは環境保全課が担当しています。

騒音規制法に基づく届出

注目情報