このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

2007年度イベント「親子でヤゴ捕り体験!」

更新日:2007年10月1日

親子ヤゴ捕り 1


「親子でヤゴ捕り体験」
日時   6月2日(土) 晴天
      午前9時30分から12時まで
場所   錦糸公園内プール
参加者  120人(児童62人・大人58人)
※プール清掃で水と一緒に流されてしまうヤゴを救出し、身近な自然に触れ合ってみましょう!

親子ヤゴ捕り 2


錦糸公園プールのヤゴ捕りも今年で4年目となり、たくさんの親子が参加してくれました。
3つのプールで同時にスタートです。

親子ヤゴ捕り 3


大きいプールのヤゴ救出は、水を抜かずに行うため、中央まで届く長い網が必要です。
この日のために用意した特別製の網は3本、3段式で伸ばすと7・8mになります。
1匹でも多くヤゴをとる作戦です。

親子ヤゴ捕り 4


児童用のプールは水が少ないので、小さい子供でも安心して中に入れます。

親子ヤゴ捕り 5


枯葉や泥の中からたくさんのヤゴが出てきます。

親子ヤゴ捕り 6


2人で協力してヤゴをケースに入れます。

親子ヤゴ捕り 7


暑い日です!
子供たちはプールに入って涼しそう。

親子ヤゴ捕り 8


錦糸公園プールのヤゴは、ここ2年位アカネが多くギンヤンマやシオカラが少なくなりました。
今日は特別に、区内の別のプールから、羽化直前のギンヤンマやシオカラ、イトトンボのヤゴを捕ってきました。
みんなで観察をした後は、希望者に配ります。

親子ヤゴ捕り 9


区内のプールで見つかったオオヤマトンボのヤゴです。
他のヤゴと比べて大きく、体長は4センチもあり足も長く、都会のプールで見つかるのはめずらしいそうです。
成虫はオニヤンマをそのまま小さくしたようなトンボで、色も姿もよく似ています。

親子ヤゴ捕り 10


ヤゴは飼える分だけを、各家に持って帰ります。
たくさんのヤゴは小さいアカネがほとんどで、残りは区役所に持ち帰り、トンボフェアまで育てます。
最後にギンヤンマとシオカラ、イトトンボをみんなに配りました。人気のあったギンヤンマはジャンケンをして決めました。
持ち帰ったヤゴはトンボにして、空に飛ばしましょう!

お問い合わせ

このページは環境保全課が担当しています。

本文ここまで