このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

すみだ環境基本条例

ページID:500543548

更新日:2012年9月18日

 これまで区は「望ましい環境を未来のこどもたちへ手渡すために」という目標を掲げて、平成7年3月に「環境誘導指針」を策定し、環境施策の推進を実施してきました。
 そしてその理念・目標を具体化するために、平成8年3月に「環境誘導指針行動計画」、平成13年3月に「環境管理計画」策定し、実行してきました。
 しかし、地球温暖化やヒートアイランドに見られるように、地球規模で複雑化・高度化する環境問題の根本的解決のためには、区民、事業者、行政の三者が協働して、あるいは地域の主体として、取り組んでいく仕組みづくりが求められています。そこで区は、平成18年4月「環境基本条例」を制定しました。

環境誘導指針 画像

条例の内容

基本理念

 本条例では、良好で安全かつ快適な環境の維持、回復及び創造並びに環境との共生を「環境の共創」と定義しました。環境の共創は、区民及び事業者が十分な情報を知り、施策の決定に参画し、地域コミュニティを活かしつつ、互いに協働することにより進めなければならないとしています。

責任と義務

 区は、基本理念に基づき、区民及び事業者と協働して環境の共創に関する施策を総合的に定め、その推進体制を整備します。
 区民及び事業者は、日常生活や事業活動が環境への負荷を与えていることを認識し、区と協働して、環境の共創を図るよう努めることとしています。

環境基本計画

 環境の共創に関する幅広くかつ多岐にわたる施策を、中長期的な視点から、総合的、計画的に推進するため「環境基本計画」を策定します。

すみだ環境の共創プラン(すみだ環境基本計画兼墨田区地球温暖化対策地域推進計画)を改定しました

 本条例の規定に基づき、平成19年3月に策定した「すみだ環境の共創プラン(すみだ環境基本計画)」を、平成24年3月に改定しました。
 今回の改定に合わせ、平成19年度に策定した「墨田区地球温暖化対策地域推進計画」についても、併せて見直しを行い、合本化しました。
 プランの内容は、こちらをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは環境保全課が担当しています。