このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. くらし
  4. 健康保険
  5. 後期高齢者医療制度
  6. 後期高齢者医療保険料
  7. 保険料の計算方法と納付方法について
本文ここから

保険料の計算方法と納付方法について

ページID:623686597

更新日:2021年6月16日

 みなさんが病気やケガをしたときの医療費などの支払いにあてるため、医療費総額の一定割合を保険料として納めていただきます。保険料は、すべての加入者一人ひとりに納めていただくことになり、前年の所得に基づいて計算します。

令和3年度の保険料の計算方法について

 保険料は、個人単位で決定されます。加入者全員に負担していただく「均等割額」と各人の所得に応じて負担していただく「所得割額」の合計となります。

年間保険料額※1=均等割額+所得割額 
均等割額=44,100円
所得割額=賦課のもととなる所得金額※2×所得割率8.72%

※1賦課限度額は64万円です。100円未満は切り捨てます。
※2賦課のもととなる所得金額とは、前年の総所得金額および山林所得金額ならびに株式・長期(短期)譲渡所得の合計額から地方税法に定める基礎控除額(合計金額が2,400万円以下の場合は43万円)を控除した額です(雑損失の繰越控除額は控除しません)。
 所得が一定額以下の方は、保険料の均等割額・所得割額の軽減措置があります。詳しくは「 後期高齢者医療保険料の軽減措置について」をご覧ください。
 

保険料の計算例

単身世帯で年金収入250万円のみの場合
計算手順 計算内容
(1)収入から所得を計算 年金収入(2,500,000円) - 年金控除(1,100,000円) = 所得(1,400,000円)
(2)所得割額を計算 {所得(1,400,000円) - 基礎控除(430,000円)}×所得割率(0.0872) = 所得割額(84,584円)

(3)所得割額と均等割額を合計し、端数を切り捨てる

所得割額(84,584円) + 均等割額(44,100円) = 128,684円
128,684円の100円未満の端数を切り捨てる。
⇒ 年間保険料額(128,600円)


保険料の計算について

 以下のリンク先から、必要項目を入力し、保険料を試算できます。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京いきいきネット 保険料試算用シート(外部サイト)(東京都後期高齢者医療広域連合)

保険料の納付方法について

 保険料は、原則として年金から差し引かれます(特別徴収=年6回払い)。
 次のいずれかに当てはまる方は、年金から天引きができませんので、区からお送りする納付書か口座振替によってお支払いいただきます(普通徴収=年12回払い)。

年金から天引きができない方

  • 年金の受給額が年額18万円未満の方
  • 介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた額が、介護保険料が引かれている年金受給額の2分の1を超える方
  • 年度途中で保険料が変更になった方
  • 介護保険料が特別徴収となっていない方
  • 年金が支払調整、差止、支給停止になっている方
  • 口座振替の方法により保険料を納付する旨を申し出た方

納付方法の変更について

 納付方法は、申請により「特別徴収」から「口座振替」に変更できます。ご希望の方は申請書類をお送りしますので担当まで連絡ください。
※口座振替に変更した場合、社会保険料控除は口座名義人に適用されます。これにより、世帯全体で見たときの所得税・住民税の負担額が減額になる場合があります。詳しくは、「後期高齢者医療保険料にかかる社会保険料控除について」をご覧ください。

LINE Pay・PayPayでの納付(LINE Payについては、令和3年4月1日から一定期間サービスの利用を停止します。)

※「LINE」にかかる一連の報道を受けて、区では区民の皆様に安心してサービスを利用していただくため、安全性の確認が取れるまで、令和3年4月1日から一定期間、LINE Pay請求書支払いによる納付の利用を停止します。ご不便をおかけし申し訳ございませんが、他の方法で保険料のご納付をお願いします。 利用再開等につきましては、別途お知らせしますので、ご理解の程よろしくお願いします。
保険料の納付には、スマートフォン決済アプリの請求書支払いサービスがご利用いただけます。スマートフォンでアプリを起動して、納付書に印字されているバーコードを読み取り、納付いただけます。なお、領収証書は発行されませんので、コンビニエンスストア等での二重納付にご注意ください。

ご利用いただける決済アプリ

  1. LINE Pay(ラインペイ) (令和3年4月1日から一定期間サービスの利用を停止します。)
  2. PayPay(ペイペイ)

ご利用方法

  1. 決済アプリ(無料。ただし、通信に必要なパケット通信料はかかります。)をインストールします。
  2. 必要事項を登録し、アプリ内で納付に必要な金額をチャージします。
  3. アプリの請求書支払いを選択し、納付書に印字されたバーコードを読み取ります。
  4. 納付金額を確認し、支払手続を行います。

※ご利用方法の詳細は、「LINE Pay・PayPay請求書支払いでの納付」をご確認ください。

注意事項

  • 支払手続が完了すると支払を取消すことはできません。
  • 領収証書は発行されません。領収証書が必要な方は、国保年金課、各出張所、金融機関等の窓口又はコンビニエンスストアで納付してください。
  • ご利用いただける納付書は、1枚あたりの金額が30万円以下のもの(バーコードが印字されているもの)に限ります。
  • 傷や汚れなどによってバーコードを読み取れない場合は、納付書を再発行しますので、国保年金課にご連絡ください。

モバイルレジでの納付

保険料の納付には、モバイルレジがご利用いただけます。スマートフォンでモバイルレジアプリを起動して、納付書に印字されているバーコードを読み取り、インターネットバンキング又はクレジットカードを利用して納付いただけます。なお、領収証書は発行されませんので、コンビニエンスストア等での二重納付にご注意ください。
詳細は、モバイルレジでの納付方法をご覧ください。
※クレジットカードによる納付の場合は、決済手数料がかかります。

問合せ先

墨田区 区民部 国保年金課 後期高齢者医療保険料担当
電話:03-5608-8100

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。