このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

旧被扶養者に係る減額期間が変更になりました

更新日:2019年4月1日

 後期高齢者医療制度へ移行した被用者保険加入者に扶養されていた65歳以上の方については、激変緩和措置として、当分の間、保険料が減額されていました。
 平成31年4月から均等割額の減額期間が見直され、「資格取得日の属する以後2年を経過する月までの間」に限り適用されます。
 今回の見直しは、すでに国民健康保険資格を取得している旧被扶養者の方も対象となります。(平成29年4月以前に資格を取得している場合、平成31年4月以降均等割額の減額は適用されません。)
 なお、均等割額の減額判定で5割または7割減額世帯に該当する旧被扶養者は、減額の対象外となります。
所得割額に係る減免期間については、変更ありません。

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで