このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

ジェネリック医薬品について

更新日:2012年5月17日

ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進

年々医療費が増加していることから、薬剤費を削減するためにジェネリック医薬品の使用を促進しています。ジェネリック医薬品は、新薬に比べて安価なため、その利用を促進することは、患者さんの経済的負担を軽減するだけでなく、国民健康保険財政の安定化につながります。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬の特許期間終了後に製造販売される医薬品です。このジェネリック医薬品は、研究開発費がかからないため新薬よりも価格が抑えられている医薬品で、一般的に価格が安くなっています。

ジェネリック医薬品の安全性は?

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ主成分を使って製造されています。また、新薬と同じように厚生労働省の承認審査を受けて、その有効性と安全性が確認されています。

ジェネリック医薬品への変更は?

医療機関を受診したときに、医薬品が必要な場合には医師から処方箋が発行されます。この処方箋に「ジェネリック医薬品に変更不可」の署名がなければ、ジェネリック医薬品に変更することができます。ジェネリック医薬品を希望する場合は、かかりつけの医師または、かかりつけの薬剤師にご相談ください。

問い合わせ先

国保年金課こくほ給付係 電話:03-5608-6123

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。

本文ここまで