このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

外国人住民の住基ネット運用開始(2013年7月8日から)

更新日:2015年12月9日

 2013年7月8日から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワーク(以下、住基ネット)の運用が開始され、住民基本台帳カード(以下、住基カード)の交付、住民票の写しの広域交付等ができます。

住民票コードを通知します。

 住基ネット運用開始に伴い、2013年7月8日時点で住民基本台帳に記載のある外国人住民の方の住民票に、住民票コードを付番します。(転出予定となっている方を除きます。)
 ※住民票コードは、無作為の11桁の数字で、2013年7月中旬に外国人住民の皆様に通知します。

住基カードの交付

 2013年7月8日から、外国人住民の方も住基カードの交付を受けることができます。(有料)
 住基カードは、顔写真なしと顔写真付の2種類があり、希望する住民の方からの申請によって交付します。
 この住基カードはインターネットを利用した申請・届出などを安全に行うために使用する電子証明書(公的個人認証サービス)を記録できます。また、顔写真付の住基カードは公的な本人確認書類として利用できます。

※ 2013年5月24日にマイナンバー法案が成立したため、2016年1月から希望者に住基カードに替わる個人番号カードの交付が開始される予定となっております。詳細については、地方自治情報センターのホームページ等をご確認ください。

住民票の写しの広域交付

 お住まいの市区町村以外でも本人又は同一世帯員の住民票の写しの交付請求ができます。請求には、在留カードまたは特別永住者証明書(旧外国人登録証明書でも可)、住基カード等の官公署発行の顔写真付き本人確認書類の提示が必要です。

問い合わせ先

・窓口課住民異動係 電話:03-5608-6105(直通)

関連リンク(総務省)

住基ネット・住基カードに関するパンフレット

お問い合わせ

このページは窓口課が担当しています。

本文ここまで