このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

婚姻歴がないひとり親家庭への寡婦(寡夫)控除等のみなし適用を実施しています

更新日:2017年9月21日

現在、税制上では、配偶者と死別・離婚したひとり親家庭の場合は、寡婦(寡夫)控除の措置があります。一方、法律に基づく婚姻歴がないひとり親家庭にはこの控除が適用されず、所得を基に算定される保育園保育料や区営住宅使用料等について、負担が重くなる場合があります。
そこで区では、公平性の確保と子どもに係る不利益の解消を図るため、下記の事業について、婚姻歴がないひとり親家庭に対し、寡婦(寡夫)控除等のみなし適用を実施しています。
みなし適用を受けるためには、申請手続きが必要となりますので、対象となる方は各申請先にお問い合わせください。


※要件等の詳細は、各申請先にお問い合わせください。
※寡婦(寡夫)控除等のみなし適用が実施されても、料金等が変わらない場合があります。

みなし適用の対象となる事業等一覧
対象となる事業等 対象となる方 申請先
私立幼稚園保護者補助事業
(就園奨励事業、保護者負担軽減補助事業、類似施設保護者負担軽減補助事業)
婚姻歴のないひとり親で、児童扶養手当の受給者 子ども施設課保育係
電話 03-5608-1253
母子生活支援施設徴収金 生活福祉課相談係
電話 03-5608-6154
助産施設徴収金
保育園保育料
(一時保育、一時延長保育、年末保育、休日保育含む)
子ども施設課入園係
電話 03-5608-6152
学童クラブ育成料 子育て政策課児童館担当
電話 03-5608-6195
在宅子育て支援事業
(子育てひろば定期利用・一時預かり、緊急一時保育、一時保育、児童養育家庭ホームヘルプサービス、ショートナースリー(短期保育)、ショートステイ)
子育て支援総合センター
電話 03-5630-6351
コミュニティ住宅使用料 年度末現在18歳までの子ども(20歳未満で中度以上の障害を有する者を含む)を扶養し、かつ同居している婚姻歴のないひとり親世帯で、世帯の家賃算定所得が月額20万円以下の入居者 防災まちづくり課密集担当
電話 03-5608-6261
区立幼稚園保育料 婚姻歴のないひとり親で、児童扶養手当の受給者 学務課事務担当
電話 03-5608-6303
就学援助 扶養している義務教育年齢の子どもと同居しており、就学援助基準に該当する婚姻歴のないひとり親世帯

お問い合わせ

このページは政策担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

税金

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで