このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア「NO-SIDE(ノーサイド)」について

更新日:2018年3月29日

(以下、ラグビーワールドカップ2019組織委員会ホームページから抜粋)
ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、ラグビーワールドカップ2019日本大会における公式ボランティアプログラムの募集概要を決定しました。ボランティアプログラムの参加者には、世界中から日本を訪れる方々を温かいホスピタリティで迎え、ラグビーの価値と母国の魅力を伝える大会の顔としてご活躍いただきます。

大会公式ボランティアプログラム「NO-SIDE」概要

「NO-SIDE(ノーサイド)」とは

アジアで初、歴史的な大会となるラグビーワールドカップ2019において、より多くの方にボランティアに参加することの意義や魅力を感じていただき、さらにボランティアプログラムを通して、日本やラグビーの素晴らしさを発信していただきたいとの想いから、日本ラグビーが育んだ「ノーサイドの精神」をコンセプトとし、プログラム名を「NO-SIDE(ノーサイド)」と決定しました。

NO-SIDEとは、ラグビーの試合終了時にレフリーが用いた用語でした。その言葉を、日本ラグビーの先人たちは「ラグビースピリット」に重ねました。どんなに激しく戦っても、試合が終われば、称え合い、感謝し、永遠の友情を誓い合うスピリットのことです。ラグビーワールドカップのボランティアチーム「TEAM NO-SIDE」には、日本ラグビーが大切に育んできたノーサイド精神を体現し、世界はひとつであることを発信する、そして、世界的ビッグイベントを成功に導いて欲しい、そうした想いが込められています。

今後、参加決定者の皆様には、この精神を感じていただけるような研修プログラムにご参加いただく予定です。

主な活動内容

  • 試合会場周辺における運営補助
  • 最寄り駅や空港における案内
  • ファンゾーンにおける来場者サービス

※ その他、様々な活動内容を予定しており詳細は後日発表

募集人数

全国12開催都市 合計約10,000人

申込みから大会本番までのスケジュール

(予定)
内容日程
募集期間

2018年4月23日(月曜日)正午から7月18日(水曜日)午前11:59まで
※ 応募申込み時に、活動を希望する開催都市を選択

面接日時調整2018年7月下旬から
面接2018年8月から12月まで
面接結果通知2019年1月頃
研修2019年1月以降
配置決定2019年夏頃

応募要件

  • 2019年3月31日時点で満18歳に達している方
    (※ 未成年の方は、保護者同意書の提出が必要)
  • 日本語で読み書き、日常会話が可能な方
  • 1日当たり最長8時間の活動に参加できる方
  • 面接や研修に参加できる方
  • ラグビーワールドカップ2019公式ボランティアプログラムの趣旨に賛同いただける方

(※ その他の応募要件に関しては 以下の大会公式ウェブサイトにて、随時案内)

その他ボランティアに関する情報は以下のホームページをご覧ください

その他大会に関する情報は以下のホームページをご覧ください

お問い合わせ

このページはオリンピック・パラリンピック準備室が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで