このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 区政
  4. 区長の部屋
  5. 新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ
  6. 新型コロナウイルス感染症に関する墨田区長からのメッセージ(令和3年8月25日付け)
本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する墨田区長からのメッセージ(令和3年8月25日付け)

ページID:875097992

更新日:2021年8月25日

メッセージの内容

  • 新型コロナウイルス感染症に関する最新動向
  • ワクチン接種に関すること
  • キャッシュレス決済促進・ポイント還元事業について

区長メッセージ全文

 みなさん、こんにちは。墨田区長の山本亨です。
 緊急事態宣言が、9月12日まで延長されています。今回、私からは、新型コロナウイルス感染症に関する最新動向、ワクチン接種に関すること、キャッシュレス決済促進・ポイント還元事業についてお知らせします。

 はじめに、墨田区における感染の広がりを表す指標ですが、8月25日現在、ほぼすべての項目が「ステージ4」となっています。時系列でみると、「病床使用率」は5週連続で増加し、特に「重症患者」が今週急増しましたが、区民の重症者は0人です。
 日別の新規陽性者数のグラフです。赤の折れ線は、直近1週間の人口10万人あたりの感染者数です。前回8月17日時点の189人から、8月24日時点で207人と過去最多を更新しました。一方、感染者数増加のスピードは鈍化しており、先週から今週の新規陽性者数の増加比は109%に抑えられてきています。
 区では、変異株のスクリーニング検査を実施していますが、区内の医療機関からの報告も総合すると、デルタ株といわれる「L452R」変異株の割合は、8月19日時点で約90%となっています。また、ワクチン接種後の陽性者も確認されています。接種後も、引き続き、マスク着用等の基本的な感染防止対策をお願いします。

 8月17日、東京都は、新規陽性者、重症者が爆発的に増加し、もはや「災害レベル」として、「医療非常事態」宣言を発出しました。
 こうした中、区では、本日、対策本部会議を開き、「医療提供体制を拡充する緊急対策」を取りまとめ、区民の命を守ることを最優先に、総力をあげて取り組むよう指示しました。
 まず、コロナ専用病棟を有する「入院重点医療機関」を新たに1施設指定することで、「コロナ専用病床」を23床拡張します。うち2床を重症用とします。
 現在、コロナの検査入院のために使用している「疑似症病床」81床のうち、33床を搬送困難とされた患者のための「緊急対応病床」として整備します。その上で、賛育会病院に「周産期病床」を7床確保して、特に入院先が見つかりにくい、コロナに感染した妊婦や小児の入院を確実に受け入れてもらいます。また、中和抗体薬(抗体カクテル)をより多くの人に投与するため、1泊入院を開始しました。
 なお、7月末から区内の病院で開始した「抗体カクテル療法」ですが、本日8月25日までに、30人に対して投与を行い、いずれも経過は良好です。 この治療が適応となる入院患者の方には、区から直接案内をしており、一般の方からのお問い合わせには対応できませんので、ご了承ください。
 さらに、自宅療養者の健康管理を強化するため、パルスオキシメーターを1,800台、酸素濃縮装置を13台確保しました。医師会や訪問看護ステーションの協力を得て、「健康観察チーム」を5チーム編成して、24時間体制で訪問診療を行っています。また、薬剤師会の協力の下、「在宅療養支援薬局」を29局整備し、同様に24時間体制で医師の処方薬を自宅へ配達するなど、自宅療養者の支援を強化します。

 次に、新型コロナウイルスのワクチン接種状況についてお知らせします。
 8月21日時点で、12歳以上の区民全接種対象者252,170人のうち、1回目を終えた方は、165,767人(65.7%)、2回目を終えた方は、135,721人(53.8%)となっています。
 ワクチン接種の予約は、コールセンターまたはインターネットからお願いします。予約の空きなどが発生した場合には、墨田区の公式ツイッターでお知らせするほか、区の安全安心メール等でも発信しています。また、かかりつけ医やお近くのクリニック等に直接電話で予約することもできます。その際、1回目だけではなく、2回目の予約も忘れずに行ってください。
 区では、国が目標としている接種率80%に達する見込みとなったため、9月末をもって、集団接種会場の運用を終了する予定です。2回目接種の予約がお済みでない方は、お早めにお願いします。区の予約サイトから予約が取れない場合でも、ご覧の会場や日時にて、コールセンターで予約ができますので、お問い合わせください。
 なお、10月以降は、ワクチンの供給量にもよりますが、医療機関での接種を引き続き、実施する予定です。

 次に、キャッシュレス決済促進・ポイント還元事業についてお知らせします。
 区では、新しい生活様式の一つであるキャッシュレス決済を導入している区内商店の支援と、区内の消費喚起を図るため、墨田区商店街連合会と連携した「PayPay」によるポイント還元事業を実施します。
 このキャンペーンでは、対象店舗でPayPayを利用すると、決済額の最大30%が後日ポイントで還元されます。実施期間は令和3年9月1日から9月30日までで、対象店舗は約3,000店です。ご利用の際は、マスク着用、手洗い・消毒、「密」の回避など、基本的な感染対策をお願いします。また、対象店舗の皆様におかれましても、お客様や従業員を新型コロナウイルス感染症から守るため、感染防止対策の徹底をお願いします。

 ワクチン接種については、これまで、医師会をはじめ、医療機関、医療従事者の皆さんとの連携や、区民の皆さんのご協力により、円滑に進めることができています。改めて、全ての皆さんに感謝を申し上げます。ありがとうございます。
 私は、感染対策当初から、すみだの「地域力」を信じ、対策に取り組んできました。現在、区民の皆さんと一緒に、協力しながら進めている、変異ウイルスへの感染拡大防止の取組も成果を上げてきています。
 今後も、すみだの「地域力」を信じ、区民の皆さんとの信頼関係を築き上げながら、すみだらしい、新しい日常の実現に向けて全力で取り組んでいきますので、ご理解・ご協力をお願いします。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報は、上記のページをご覧ください。

過去の墨田区長からのメッセージは、上記のページをご覧ください。

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ

注目情報