このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 区政
  4. 区長の部屋
  5. 新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ
  6. 新型コロナウイルス感染症に関する墨田区長からのメッセージ(令和4年2月10日付け)
本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する墨田区長からのメッセージ(令和4年2月10日付け)

ページID:192813294

更新日:2022年2月10日

メッセージの内容

  • 新型コロナウイルス感染症に関する最新動向について
  • 医療提供体制の強化について
  • ワクチン接種について

区長メッセージ全文

 みなさん、こんにちは。墨田区長の山本亨です。
 まん延防止等重点措置が、3月6日まで延長されます。今回私からは、新型コロナウイルス感染症に関する最新動向、医療提供体制の強化、ワクチン接種についてお知らせします。

 はじめに、新型コロナウイルス感染症に関する最新動向です。

 区内の感染状況ですが、新規感染者数は、2月3日には438人の感染者の報告がありましたが、増加のスピードは抑えられてきて、直近の一週間の感染者数は前の週の1.2倍と、収束に向かう1以下に近づいています。

 累積の感染者数は9日現在で14,784人となっており、入院59人、宿泊療養80人、自宅療養が2,332人です。

 2月6日までの1週間の感染者は2,622人で、若い世代で感染が広がっており、19歳以下の感染者の割合が全体の25%を占めています。また、60代以上の感染者は317人となり増加傾向です。
 重症度をみると、ほとんどが軽症で、重症者はいませんでした。

 次に、医療提供体制の強化についてです。
 2月8日に、対策本部会議を開催し、緊急対策として、自宅療養者への支援や病床の確保など、私から指示しました。
 まず、自宅療養者とその家族を支援する体制強化についてです。

 区内に健康管理支援拠点をつくり、自主隔離療養をするご家族等の診療も含めたサポートをする取組を2月3日から開始しました。往診とオンライン診療を活用することで1日50件の対応ができるとともに、土日も含めた救急相談体制により、療養者とそのご家族の不安解消を図っていきます。
 検査体制の拡充としては、区内の検査会社メディカルコンシェルジェが、感染が確認された保育園等に出向いて濃厚接触者等への無料PCR検査を始めています。

 なお、一般的な相談や発熱など心配な症状があらわれた場合、新型コロナウイルス陽性と診断された場合など、各種相談窓口を開設していますので、お問合せください。詳細については区のお知らせか区公式ウェブサイトをご確認ください。

 次に、医療提供体制の強化についてです。
 区内の病床使用率は50%を超えるほか、医療従事者の感染や濃厚接触者の増加など厳しい状況が続いています。

 国からも都・保健所を設置する各区に対して、臨時の医療施設等の開設準備に着手するよう通知があり、こうした状況を踏まえ、墨田区は、感染の急拡大により医療提供体制がひっ迫した時に備えて、軽症者に加え、中等症患者にも対応する区主導の病院併設型 臨時医療施設を開設し、来週から稼働します。


 この施設は、建て替えに伴い休止した病院施設を活用し、墨田区が東京DMATや墨田区医師会の医師を派遣し診療を行います。鼻から高濃度の酸素を大量に投与するネーザルハイフローやCT検査などの高度医療機器を備えており、中等症2まで対応が可能です。また子どもの入院施設も完備しています。
 今回の臨時医療施設を設置することで、医療ひっ迫だけでなく、一般の救急医療の目詰まりの解消も目指しており、墨田区・東京都の医療行政を補完していきます。

 区では、感染予防効果を高めるために、新型コロナワクチン接種の3回目接種を引き続き積極的に進めています。

 まず、接種状況ですが、2月6日時点で、1回目が220,731人で87.3%、2回目が219,343人で86.8%となっており、3回目については、32,984人で13.1%が接種を受けています。
 3回目接種については、1月27日から、18歳以上で2回目のワクチン接種を受けた全対象者の接種間隔を、2回目完了日から6か月として、スピードアップを図っています。
 2月6日時点の65歳以上の高齢者の3回目接種率は、31.9%になり、2月下旬にはおおむね接種が終了する予定です。なお、全体的にモデルナを選択する方も増えています。

 5歳から11歳のワクチン接種についても、2月15日から接種券を発送し、2月22日午前8時30分から集団接種会場及び区が管理している病院の予約受付を開始します。

 その他医療機関のご予約などやワクチン接種の最新情報については、2月9日から全戸配布している区のお知らせ新型コロナワクチン接種特集号や区のホームページなどで随時お知らせしますので、ご確認ください。
 なお、ワクチン接種にご来場の際には、寒い時期ではありますが、肩の出しやすい服装でお越しください。

 また、今回も千葉大学と連携して、使用後の予診票ファイルを有効活用し、接種済証の保管や、紙相撲も、楽しめるようにデザインしました。
 今後も引き続き、すみだの地域力を結集して、迅速かつ安全にワクチン接種を推進していきます。

 まん延防止等重点措置期間中も、区有施設の閉館は行いません。ただし、一部施設においては、時間を短縮して運用しますので、最新の状況は、ホームページ(施設情報)でご確認ください。

 オミクロン株の拡大という厳しい状況ではありますが、保健所体制、医療体制、自宅療養者支援など、引き続き、区民のみなさんの安全安心への対応を着実に進めるとともに、ワクチンの円滑な接種に向けて、万全の体制で取り組んでいきますので、ご理解・ご協力をお願いします。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報は、上記のページをご覧ください。

過去の墨田区長からのメッセージは、上記のページをご覧ください。

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ

注目情報