このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 区政
  4. 区長の部屋
  5. 新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ
  6. 新型コロナウイルス感染症に関する墨田区長からのメッセージ(令和4年4月28日付け)
本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する墨田区長からのメッセージ(令和4年4月28日付け)

ページID:963899694

更新日:2022年4月28日

メッセージの内容

  • 新型コロナウィルス感染症に関する最新動向
  • 新たな医療提供体制の取組
  • GW期間中の検査診療体制
  • ワクチン接種の最新情報

区長メッセージ全文

 みなさん、こんにちは。
 墨田区長の山本亨です。区民の皆さんには、感染拡大防止にご協力いただき、改めて感謝を申し上げます。
 今回私からは、新型コロナウイルス感染症に関する最新動向、新たな医療提供体制の取り組み、ゴールデンウィーク期間中の検査診療体制、ワクチン接種の最新情報などについてお知らせします。

 まず、新型コロナウイルス感染症に関する最新動向です。

 区内の感染状況ですが、1週間平均の新規感染者数は、98.4人で、第6波のピーク、2月8日と比べて、約7割減少しました。しかし、依然として、昨年夏の第5波のピーク時より、高い水準にあり、東京都は「リバウンド警戒期間」を5月22日まで、延長しています。

 続いて感染者の特徴です。1週間ごとの感染者数を年齢層で色分けしています。これを見ると、30代以下が全体の約7割を占めています。これらの世代では、3回目のワクチン接種が済んでいない方が多いことから、区では若い世代への接種を呼びかけています。

 次に、医療提供体制についてです。現在、区内6か所の病院で238床を確保しています。これは第5波の時と比べ約1.5倍ですが、第6波では病床使用率が一時70%に迫りました。そこで、医師会等と連携し、同愛記念病院に45床の臨時医療施設を開設し、医療のひっ迫を回避することができました。
 現在の病床使用率は、20.2%と減少傾向です。引き続き、医療提供体制を充実させ、リバウンドに備えていきます。

 次に、自宅療養者や高齢者施設の、医療支援を徹底するための新たな取組についてです。
 これまで、かかりつけ医を持たない自宅療養者が往診を希望した場合、保健所がその都度、往診可能な医師の調整をしていました。
 明日4月29日からは、あらかじめ区が委託した医療機関が自宅療養者の健康相談を受け付け、往診ができるようになります。
 さらに、高齢者施設で感染者が発生した場合には、施設の求めに応じて、東京曳舟病院など区内の医療機関の医師や看護師を原則24時間以内に派遣します。
 入所者の診察や検査のほか、職員に対して現場で感染対策を指導したり、サービス継続を支援する取組を始めます。

 次にPCR等検査無料化事業についてです。
 区内では、ご覧の19カ所で、検査を無料で受けることができます。店舗によっては、予約が必要な場合がありますので、事前に各店舗のホームページ等でご確認をお願いします。
 また、ゴールデンウィーク期間中の都県をまたぐ移動等による感染拡大を防止するため、都内主要ターミナル駅構内などに、事前予約制による臨時の無料検査会場が設置されますので、そちらもあわせてご活用ください。
なお、この事業に関するお問い合わせは、東京都の専用コールセンターをご利用ください。

 区では、感染者が確認された保育園や学校等の行政検査も、引き続き、区内の検査会社が無料でPCR検査を行っていきます。また、発熱などの症状がある方については、診療医療機関74施設を公開していますので、区のホームページからご確認ください。

 次に、ワクチン接種についてです。区では、感染予防効果を高めるため、3回目の接種を引き続き進めています。

 接種状況は、4月27日時点で、3回目については、155,672人で61.3%の方が接種を受けています。また、65歳以上の高齢者の3回目接種率は、86.3%となっています。なお、3回目接種者のメーカー別の内訳は、ファイザー製が58.9%、モデルナ製が41.1%となっています。
 3回目の接種は、4月23日から、医療機関のみとなりましたが、希望する方が接種を受けられるよう、引き続き体制を整えていきます。接種ができる医療機関については、区のホームページに掲載していますのでご確認ください。
 本日4月28日に、厚生労働省から、4回目接種に関する方針が示されました。これを受けて、本区も、早急に接種体制等の準備を進めていきます。

 詳細が決まり次第、区のお知らせ新型コロナワクチン接種特集号を全戸配布する予定です。

 明日からゴールデンウィークが始まります。
 これまで、区民の皆さんにご協力いただきながら、保健医療体制を充実させ、 “すみだらしい新しい日常生活“の定着を目指してきました。
 今後も、人と人との温かいつながりを大切にしながら、賑わいの創出と社会経済活動の活性化に向け、全力で取り組んでいきますので、ご理解、ご協力をお願いします。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報は、上記のページをご覧ください。

過去の墨田区長からのメッセージは、上記のページをご覧ください。

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ

注目情報