このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 産業・事業者向け
  4. すみだ産業情報ナビ
  5. PR・地域ブランド・表彰
  6. すみだマイスター塚田進氏が「現代の名工」に選ばれました
本文ここから

すみだマイスター塚田進氏が「現代の名工」に選ばれました

ページID:468166994

更新日:2020年11月12日

墨田区伝統工芸保存会会長であり、すみだマイスターでもある塚田進氏が「令和2年度卓越した技能者(現代の名工)」に選ばれました。

卓越した技能者(現代の名工)について

卓越した技能者(現代の名工)とは、 厚生労働省において、各産業分野で卓越した技能を持ち、その道の第一人者といわれる技能者を「現代の名工」と称え、昭和42年度から表彰を行っています。卓越した技能者を表彰することで、広く一般に技能尊重気運を浸透させ、技能者の地位の向上及び技能水準の向上を目的としています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ 令和2年度 卓越した技能者(現代の名工)を決定しました(外部サイト)

塚田進氏について

塚田進氏は江戸木目込人形の製作に長年従事して培った知識・技能を有しており、区内外で実演・展示を実施して一般の方々に木目込み人形などの伝統工芸やものづくりの魅力を伝えています。

また墨田区伝統工芸保存会の会長として同保存会の様々な職人の若手育成、職人同士のネットワークづくりの中心人物として尽力し、伝統工芸の普及・継承にも取り組んでいます。

塚田氏は区内産業へも貢献しています。墨田を代表する付加価値の高い製品を創る技術を持つ職人「すみだマイスター」に認定されており、さらに墨田区が認定している「小さな博物館」及び「工房ショップ」のひとつとして、自らの工房の一部を「江戸木目込み人形博物館」として通年で一般に公開し、木目込み人形の材料や製作道具、大正時代から現代までの貴重な雛人形や製作工程パネルなど約50点を展示し、墨田区の産業やものづくりの魅力を発信しています。

「すみだ」らしい付加価値の高い商品や飲食店メニューを認証する「すみだモダン」においても、2011年度「江戸木目込人形 小梅雛シリーズ」、2013年度「Kimekomi 絹絵」、2015年度「スマホスタンド」など塚田氏の作品はすみだモダンにおいても数多く認証されています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。江戸木目込人形 塚田工房(外部サイト)

江戸木目込人形博物館・塚田工房

【住所】墨田区向島2-11-7
【電話番号】03-3622-4579
【営業日】月曜日から土曜日(要予約)(祝祭日を除く、博物館は12月15日から翌3月15日休館)
【営業時間】午前10時から午後5時
【体験】要予約

お問い合わせ

このページは産業振興課が担当しています。