このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

東京都内における液状化について

更新日:2016年1月8日

液状化対策について

 平成23年3月に発生した東日本地震では、震源から遠く離れた東京都内でも臨海部だけでなく内陸部においても液状化が発生し、木造住宅などに建物被害が発生しました。
 東京都の液状化予測図や液状化による建物被害に備えるための手引き等を以下の東京都ホームページで公表していますのでご参照ください。
 工事の実施にあたっては、専門家によくご相談のうえ、地盤状況を確認するなどし、必要に応じて液状化対策工事を実施してください。

建築主・設計者・工事監理者・工事施工者の皆様へ

 液状化が起こると地盤が沈下するなど、建築物に多大な被害が生じます。
 工事の実施に当たっては、地盤の状況を確認し、必要に応じた液状化対策を検討しましょう。

液状化対策アドバイザー制度

 都民の皆様が液状化対策について安心して専門家に相談できる制度があります。

お問い合わせ先

建築指導課 構造担当 直通03-5608-1307

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは建築指導課が担当しています。

本文ここまで